Search
New Entries
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【2017.8.12大阪】図書館サービス研究グループ研究例会

日時: 2017年8月12日(土)10:00〜16:00
場所: 大阪府立中之島図書館別館2階

     大阪市北区中之島1丁目2-10
     地下鉄御堂筋線/京阪電鉄「淀屋橋」駅車,1番出口から徒歩約5分
     <アクセス> http://www.library.pref.osaka.jp/site/nakato/n-chizu.html

テーマ: 1.「アジア太平洋の図書館情報学と日本」
       2.「韓国の図書館情報学研究の振興と国等による支援」
     3.「オセアニア地域向け展開の可能性」
     4.「国際学校図書館協会(IASL)とアジア太平洋地域」(仮題)

 

発表者: 1.志保田務氏(LISSASPAC副会長)ほか
     2.呉東根氏(LISSASPAC会長)
     3.大城善盛氏(元同志社大学)
     4.長倉美恵子氏(元東京学芸大学)


連絡先: 中村恵信(神戸松蔭女子学院大学)・メール:toshokanhoushi☆yahoo.co.jp (☆を@に変えてください)

 

(2017年度図書館を学ぶ相互講座第5回・京都図書館学研究会・LISSASPACとの共催)


詳細HP: http://www.nal-lib.jp/groups/news.html#hoshiken20170812

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.8.12大阪】図書館サービス研究グループ研究例会 | comments(0) | - |-
【2017.7.29大阪】情報組織化研究グループ2017年7月月例研究会「在日朝鮮人関係資料室における動的映像資料検索・閲覧システムのプロトタイプの構築について」李東真氏(中央大学兼任講師)

日時: 2017年7月29日(土)14:30〜17:00
会場: 大阪府立中央図書館 2階・中会議室

    近鉄けいはんな線「荒本」駅下車徒歩約6分
       ※中央図書館入館ゲートを通って右手エレベーターで2階へ上がり,降りてすぐ右側の入口をお入り下さい

            <アクセス>https://www.library.pref.osaka.jp/site/central/new-map.html


発表者: 李東真氏(中央大学兼任講師)
テーマ : 在日朝鮮人関係資料室における動的映像資料検索・閲覧システムのプロトタイプの構築について


概要: 在日朝鮮人関係資料室では、在日朝鮮人関連の文書資料のほかに、記録映画、ニュース映画などの動的映像資料も収集している。発表者は、それらの動的映像資料の学術的利用を促進するために、動的映像資料用の検索・閲覧システムのプロトタイプを構築した。プロトタイプ構築のために、動的映像資料の検索に必要とされる粒度およびそれに対応するメタデータの枠組みを検討し、その結果に基づいてメタデータを作成した。また、作成したメタデータを蓄積し検索するためのデータベースおよびアプリケーションの設計・開発なども行ったが、本発表では特に、メタデータの設計と作成に重点を置き発表を行う。

 

問い合わせ: info☆josoken.digick.jp(世話人・松井)(☆を@に変えてください)

参加費は無料ですが、飲物代等として通常300円程度集めています。

 

※事前申込は不要です。当日お気軽にご参加下さい。


詳細HP: http://www.nal-lib.jp/groups/news.html#seiken20170729

      http://josoken.digick.jp/meeting/news.html#201707

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.7.29大阪】情報組織化研究グループ2017年7月月例研究会「在日朝鮮人関係資料室における動的映像資料検索・閲覧システムのプロトタイプの構築について」李東真氏(中央大学兼任講師) | comments(0) | - |-
【2017.7.15京都】図書館学教育研究グループ研究例会《第178回研究例会》「学校図書館情報サービス論について」川原亜希世氏

日時:  2017年7月15日(土)14:30〜17:00
場所:  龍谷大学大宮学舎 南黌101教室

     JR京都駅北西,徒歩15分。西本願寺南西隣
            <アクセス> http://www.ryukoku.ac.jp/omiya.html

 

テーマ: 学校図書館情報サービス論について
発表者: 川原亜希世氏


概要: 学校図書館の現場に役に立つということを念頭に,まともなレファレンスコレクションがない現場で,
情報サービスを始めるために何が必要か,という最初の最初について話題としてゆく。


問合先: 事務局・柳勝文(anb18968☆nifty.com(☆を@に変えてください))

詳細HP: http://www.nal-lib.jp/groups/news.html#educate20170715

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.7.15京都】図書館学教育研究グループ研究例会《第178回研究例会》「学校図書館情報サービス論について」川原亜希世氏 | comments(0) | - |-
【2017.7.30京都】第33回 図書館史勉強会@関西 関西文脈の会

日時: 2017年7月30日(日) 14:00〜17:00
会場: 京都商工会議所 第一会議室(※2階です)
    <アクセス> http://www.kyo.or.jp/kyoto/kyosho/access.html

発表者: 若林正博氏(伏見城研究会)
タイトル: 「昭和伏見の古書研究者〜『書物航游』に見る酒仙・若林正治〜」

 

 ※参考図書:平澤一著『書物航游』(1990)新泉社


会終了後は、懇親会を予定しております。
おおよその人数を把握したいので、参加ご希望の方は
会合の一週間前までを目安に、
事務局<toshokanshi.kansai @ gmail.com(@は半角)>までご一報ください。
twitterアカウント@k_context宛にご連絡いただいても構いません。

詳細HP: http://toshokanshi-w.blogspot.jp/2017/07/33.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.7.30京都】第33回 図書館史勉強会@関西 関西文脈の会 | comments(0) | - |-
【2017.9.16大阪】日本図書館研究会 第332回研究例会「議会図書館で考える「刺さる」図書館サービス」塚田 洋氏(国立国会図書館)

研究例会は会員以外の方も含め、どなたでも自由にご参加いただけます。ぜひお越しください。

 

日時: 2017年9月16日(土)14:00〜16:00
会場: 日本図書館研究会事務所
     大阪市西区江戸堀2丁目7番32号ネオアージュ土佐堀205号
      大阪市営バス88系統「天保山」行きバス「土佐堀二丁目」下車すぐ
      地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅下車 番出口から土佐堀通を西へ直進,徒歩10分
      地下鉄千日前線・中央線「阿波座」駅下車 “崕亳からあみだ池筋を北へ徒歩10分  

 

テーマ: 議会図書館で考える「刺さる」図書館サービス

発表者:   塚田 洋氏(国立国会図書館)

 

要旨:  図書館が提供するサービスは,利用者に「刺さる」ものでなければならない。これは議会図書室も同じである。発表者は,この視点で地方議員向けの議会図書室活用研修を行ってきた。また,呉市議会,大津市議会のように,「物置」状態の議会図書室を,政策立案に役立つインフラとして再生させた事例にも接した。再生事例には,潜在利用者のニーズ把握,サービス内容の絞り込み,公共・大学図書館との連携等,いくつかの共通点が見られる。
発表のみならず参加者との意見交換を通じて,利用者に「刺さる」図書館サービスについて考えてみたい。


参加費:無料 事前の申込みも不要です。

 

詳細HP: http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2017/332invit.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.9.16大阪】日本図書館研究会 第332回研究例会「議会図書館で考える「刺さる」図書館サービス」塚田 洋氏(国立国会図書館) | comments(0) | - |-
【2017.7.29大阪】日本図書館研究会 第331回研究例会「図書館職の記録研究グループ研究成果『歩みをふりかえって 都立図書館の司書として−中国,韓国・朝鮮語資料,組合活動を中心に』について」迫田けい子氏(著者・元東京都立図書館司書)

研究例会は会員以外の方も含め、どなたでも自由にご参加いただけます。ぜひお越しください。

 

日時: 2017年7月29日(土)14:00〜16:30
会場: 大阪市立総合生涯学習センター第4研修室
     大阪駅前第2ビル5階
     JR「大阪」「北新地」駅,阪神・阪急「梅田」駅,地下鉄「梅田」「東梅田」「西梅田」駅下車

     <アクセス> http://osakademanabu.com/umeda/access

 

テーマ: 図書館職の記録研究グループ研究成果『歩みをふりかえって 都立図書館の司書として−中国,韓国・朝鮮語資料,組合活動を中心に』について

発表者:  迫田けい子氏(著者・元東京都立図書館司書)

 

要旨:  図書館の仕事は,パソコンのない時代にパソコンのような役割を手仕事でやっていた,というのが,1970年代の前半から30年以上働いた図書館の仕事をふり返ってまとめよとの記録研からの課題を書く中で感じた事でした。カードの作成と繰り込みにどんなに膨大な時間を要していたのか,30年前の図書館の仕事を考えれば,隔世の観があります。記録研の方々からの度重なる励ましがあったればこそ,そうした流れを体験を通して,まとめ上げることのできた今回の著作でした。

私の子どもの頃は,第二次世界大戦がまだついこの前終わったばかりの時代でした。実体験を親の世代から聞いた私達の世代は,次世代に何をどう語り継いでいけばいいのか−そんな思いを抱きつつ,東京の図書館の特別買上げ事業があった職場で働き,先人の「本」に対する熱い思いを受け止め,少しは書き記すことができました。

「本」とは何か,「図書館」とは何か。図書館員として働くなかで,その原点を探り続けたこととともに,日本がアジアに対して負っている責任についても話していければと思っています。


*参加型の研究例会にしたいと思いますので,フロアのみなさんからもたくさんの質問をお願いします。
*会場で500円(印刷実費)で頒布します。

 

詳細HP: http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2017/331invit.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.7.29大阪】日本図書館研究会 第331回研究例会「図書館職の記録研究グループ研究成果『歩みをふりかえって 都立図書館の司書として−中国,韓国・朝鮮語資料,組合活動を中心に』について」迫田けい子氏(著者・元東京都立図書館司書) | comments(0) | - |-
【2017.10.1-11.21大阪】2017年度中堅職員ステップアップ研修(1)

2017.7.1更新。

 

日時: 2017年10月1日(日)〜11月21日(火)[6日間12科目]
会場: 大阪私学会館(大阪府大阪市都島区網島町6-20)

対象: 司書・司書補資格取得後、図書館勤務経験3年以上(2017年10月1日現在)
  ※臨時等の場合は年間実労働時間の合計が概ね1500時間を1年として換算
  ※図書館勤務経験:図書館現場での勤務経験年数を指します
 ※研修内容は、公共図書館向けです
定員: 全科目(12科目)受講50名/部分(各科目)受講5〜10名
 
受講料: 一般 全科目受講35,000円/部分受講1科目3,000円
  個人会員・施設会員(1名まで)全科目受講20,000円/部分受講1科目2,000円
 
申込方法: E-mail・FAXでお申し込みください。詳細は下記HP参照。
 
締切: 2017年7月28日(金)(必着)
 
受講者の決定: 研修事業委員会で参加条件を満たしているか確認し、受講者を決定します。
8月10日頃に通知書の発送を予定しています。 
 
問合・申込先: 日本図書館協会 研修事業委員会担当
  〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
E-mail:kenshu☆jla.or.jp(☆を@に)
FAX:03-3523-0841 TEL:03-3523-0811(代表)

•聴講生の募集を開始

 募集時期: 8月中
 募集人数: 各回10名程度
 聴講料: 一般3,000円 個人会員・施設会員(1名まで)2,000円
 同研修の修了対象にはなりませんのでご注意ください。収容人数との関係で募集しない場合もあります。詳細は決まり次第ご案内します。

日程表:
1 2017年10月1日(日) 14:00-16:30 領域2 C(1) コレクションづくりの考え方 嶋田 学(瀬戸内市立図書館)
2 17:00-19:30 C(2) コレクションづくりの実際
3 2017年10月2日(月) 9:30-12:00 領域1 A 図書館サービスと著作権 南 亮一(元日本図書館協会著作権委員会)
4 13:30-16:00 領域3 − ソーシャルメディアと如何に関わっていくか 佐藤 翔(同志社大学)
5 2017年10月3日(火) 9:30-12:00 領域2 B(1) レファレンスツールの評価 徳森 耕太郎(大阪府立中央図書館)
6 13:30-16:00 B(3) レファレンスクエスチョンの処理 小西 敏章(大阪市立中央図書館)
7 2017年11月19日(日) 13:30-16:00 A(1) 図書館政策の動向と図書館経営 永利 和則(福岡女子短期大学)
8 16:30-19:00 B(2) レファレンスインタビューの方法 二井 治美[1064](草津市立図書館)
9 2017年11月20日(月) 9:30-12:00 A(3) 図書館運営の評価と指標 西口 光夫(豊中市立高川図書館)
10 13:30-16:00 A(2) 図書館のサービス計画 林 勝之(平群町立図書館)
11 2017年11月21日(火) 9:30-12:00 領域1 B 図書館利用に障害のある人へのサービス 前田 章夫(日本図書館協会障害者サービス委員会)
12 13:30-16:00 C 図書館の自由 田中 敦司[1018](名古屋市西図書館)

※講師名の[数字]は日本図書館協会認定司書であることを表す認定司書番号です。
※初日は13:30から開講式・オリエンテーションを開催します。参加は任意です。
※領域1〜3は次のとおりです。
   領域1:社会の変化に対応する図書館サービス(3科目)
   領域2:高度かつ専門的な図書館の知識・技術の向上(8科目)
   領域3:図書館の理解を深めるための関連トピック(1科目)

 

主催: 公益社団法人日本図書館協会

企画・担当: 研修事業委員会


関係HP: http://www.jla.or.jp/committees/kenshu/tabid/622/Default.aspx

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.10.1-11.21大阪】2017年度中堅職員ステップアップ研修(1) | comments(0) | - |-
【2017.7.24大阪】専門図書館協議会 イブニングセミナー(関西地区)「仕事帰りにちょっと寄り道−本屋さんに聞く「本を扱うお仕事」のお話」

日時: 2017年7月24日(月)18:30〜20:30
会場: スタンダードブックストア心斎橋
    (〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋2-2-12 クリスタグランドビルBF)
    <アクセス> http://www.standardbookstore.com/

内容: 仕事帰りにちょっと寄り道−本屋さんに聞く「本を扱うお仕事」のお話
講師: スタンダードブックストア代表  中川 和彦氏

 

『本屋ですが、ベストセラーはおいてません。』というキャッチフレーズが印象的な、「スタンダードブックストア」という本屋さんが大阪にあります。

なぜベストセラーはおいていないのか?
 今回のイブニングセミナーでは、心斎橋の「スタンダードブックストア」さんにお邪魔し、お店を見学した後で、代表の中川和彦さんよりお話を伺います。魅力的な街の本屋さんは、何を考えどのような工夫をしているのでしょうか。
まじめに取り組めば取り組むほど、どうしても固まりがちな頭を、楽しい刺激でちょっとほぐしてみませんか。

当日はスタンダードブックストアさんのカフェの一部をお借りし、飲み物と軽食で空腹を満たしながら、ゆったりお話を伺いたいと思います。ぜひぜひご参加ください。(終了後お買い物もできます) スタンダードブックストア代表

 

定員: 20名(申し込み先着順。 7月14日(金)までにお申し込みください。)
参加費: 専門図書館協議会会員:無料

     非会員:1,500円、学生:1,000円(飲み物と軽食付き)

     (会費のお支払いについては、参加受付ご連絡の際お知らせいたします)

申込方法: メール、FAX、ホームページより

 

お問い合わせ先: 専門図書館協議会事務局

主催: 専門図書館協議会

 

申込・詳細HP: http://www.jsla.or.jp/2017-7-24-evenihg-seminar/

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.7.24大阪】専門図書館協議会 イブニングセミナー(関西地区)「仕事帰りにちょっと寄り道−本屋さんに聞く「本を扱うお仕事」のお話」 | comments(0) | - |-
【2017.8.7京都】第26回京都図書館大会「震災と図書館〜まなぶこと・できること〜」
近年、日本各地において、大規模な地震など日常生活へ影響を与える災害が多発しており、日頃からの備えが大変重要になっています。今大会では、これまでに起こった震災から学び、図書館にできる備えや被災後の対応等についてともに考えます。
日時:  平成29年8月7日(月)10:20〜17:00(受付10:00〜)
会場: 同志社大学 寒梅館 ハーディーホール
      (京都市上京区烏丸通上立売下ル御所八幡町103)
内容:
 基調講演 「京都ではどのような地震が起こるのか」堤 浩之 氏(同志社大学理工学部教授)
 事例発表「災害を自分ごとにする−図書館でできる震災対策−」鈴木 光 氏(減災アトリエ主宰/一般社団法人減災ラボ代表理事)
 事例発表◆峭駑国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)」  (講師調整中)
 事例発表「被災地での資料保存の取組」吉原 大志 氏(歴史資料ネットワーク事務局長)
参加費: 無料
申込み締切:  平成29年7月28日(金)まで。
  大会申込みフォーム(Googleフォームを使用しています。)
問合わせ先: 第26回京都図書館大会実行委員会事務局
  〒606-8343 京都市左京区岡崎成勝寺町9 京都府立図書館内
  電話:075-762-4655 / FAX:075-762-4653
posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.8.7京都】第26回京都図書館大会「震災と図書館〜まなぶこと・できること〜」 | comments(0) | - |-
【2017.9.2大阪】検索技術者検定3級 対策セミナー

日時: 2017年9月2日(土) 10:00〜16:30
場所:  大阪産業創造館 5階 研修室 D(541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-4-5)
      地下鉄堺筋線堺筋本町下車 12番出口徒歩5分
      URL http://www.sansokan.jp/map/
     ※9/2に東京会場もあり。

インターネットを使った情報検索は、今では生活の中に根ざしています。当協会が実施する「検索技術者検定」はこのような時代のニーズに対応した基礎的な知識を体系的に身につける格好の手段です。
この試験対策セミナーでは過去の出問を中心とする問題の解き方や,関連知識の解説を行います。また,企業における情報部門や図書館において必要不可欠な,情報の管理と検索のための基礎知識を学ぶためのセミナーとしてもご活用いただけます。
 本セミナーでは,講師作成のオリジナル資料も配布します。なおパソコンを用いた演習・実習は行いません。また,受講の前に指定テキスト情報検索の知識と技術 基礎編をお読みいただき,セミナー当日はこのテキストをご持参ください。

【参考:試験の出題範囲】
情報検索技術に関する知識と実践 ・情報検索とは
 ・情報検索の理論と仕組み
 ・論理演算子、検索式、トランケーション等の検索技術に関する基礎的知識
 ・情報検索の流れ
 ・検索結果の評価
情報組織化と流通 ・データと情報
・一次情報、二次情報、デジタルコンテンツ
・情報資源の組織化
・データベースの概念と種類
・情報サービス機関
さまざまな情報資源/専門分野の情報 ・オンライン情報資源の種類
・オンライン情報資源の検索
・ウエブサイト
情報の利活用 ・知的財産権、著作権に関する知識
情報の最新技術 ・ネットワーク社会の諸問題
・ネットワーク社会の法制度・コンピュータに関する基礎
・インターネットに関する知識
・情報セキュリティに関する知識
*このセミナーは、上記の出題範囲について、1日で講習いたします。

講師: 森  美由紀 氏(梅花女子大学講師)

定員: 36名
参加費: 正会員:9,720円 維持会員:7,560円
     特別会員:8,640円 非会員:10,800円
     学生割引 (会員、非会員とも):5,400円  (いずれも消費税込,テキスト代別)
     * INFOSTAセミナー参加割引券を使用される場合は、別途郵送して下さい。
     * 学生割引を希望される方は、以下の申込フォームの通信欄に【学生】とご記入の上、在学証明書または学生証のコピーを郵送またはFAXでお送り下さい。
     * 開催7日前以降のキャンセルについては、参加費の全額を頂戴致します。

テキスト: 情情報科学技術協会発行『情報検索の知識と技術 基礎編』(第3刷) 2017年3月発行 1,620円
      受講者特典として1,458円(定価の1割引き)(税込み、送料当方負担)で
      購入できます。テキスト購入の有無は以下の申込フォームの通信欄にご記入ください。

申込方法: (社)情報科学技術協会ウェブサイト申込フォームでお申し込みください。後日、参加票をお送りいたします。
申込先: 一般社団法人 情報科学技術協会(INFOSTA)

詳細HP: http://www.infosta.or.jp/seminars/semi20170902/

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.9.2大阪】検索技術者検定3級 対策セミナー | comments(0) | - |-