Search
New Entries
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【2019.2.5-8奈良】平成30年度図書館地区別研修(近畿地区)

全体テーマ:図書館という「場」について考える

 

日時: 平成31年2月5日(火)〜2月8日(金)
会場: ‘猯標産業会館(2月5日〜2月6日)
     〒635-0015 奈良県大和高田市幸町2番33号 電話:0745-22-2727
     【最寄り駅より】
      ・JR高田駅 東出口すぐ
      ・近鉄大和高田駅から南東方向 徒歩5分
      ・近鉄高田市駅から北方向 徒歩20分
     <アクセス> http://www.pref.nara.jp/21387.htm

    東大寺総合文化センター(2月7日〜2月8日)
     〒630-8208 奈良市水門町100番地 電話:0742-20-5511
     【最寄り駅より】
      JRまたは近鉄奈良駅から市内循環バスで大仏殿春日大社前下車 徒歩5分
     <アクセス> http://culturecenter.todaiji.or.jp/accessmap.html

趣旨: 図書館法(昭和25年法律第118号)第7条の規定に基づき実施するもので、情報化の進展など図書館に関する最新のテーマや地域における課題等について研修を行い、図書館における中堅の司書としての力量を高めることを目的とする。

対象:
 •公共図書館の司書で、勤務経験が概ね3年以上の者
 •公共図書館の司書で、研修テーマに関する業務に従事している者
 •その他、奈良県教育委員会が上記と同等と認めた者

定員: 150名程度

参加費: 無料

修了証書: 研修課目の概ね4/5以上を受講し、研修成果(研修内容、研修成果を踏まえた業務の改善提案・活用方法等)について、研修終了後2週間以内にレポート(1,200字程度)を提出した者に修了証書を交付する。

日程・内容:  ※講師氏名は敬称を略しています
■2月5日(火)

 13:00〜13:30(30分) 受付
 13:30〜13:50(20分) 開講式
 13:50〜14:30(40分)文部科学省行政説明
 14:45〜16:30(105分)基調講演『本のある空間の可能性を考える』
  ブック・コーディネーター/クリエイティブ・ディレクター  内沼晋太郎氏

   本のある空間、特に図書館という空間のもつポテンシャルについての気づきを得るべく、八戸ブックセンターをはじめ、さまざまな本の空間をプロデュースされてきた知見をもとにご講演いただく。
■2月6日(水)

 10:30〜12:00(90分)講義1「高齢者・障害者支援」
 (クロストーク)『高齢者と障害者の地域での場づくりと図書館』
  一般財団法人たんぽぽの家常務理事  岡部 太郎氏
  Community Nurse Company 株式会社 代表取締役  矢田 明子氏

   高齢者と障害者の地域での場づくりや空間を考えるときに、図書館はどのような「場」としてあることが可能か、あるいは「場」としてのあり方が考えられるのかをお二人の現場での課題も交えつつ学ぶ。
 13:00〜14:30(90分)講義2「地域の課題解決支援」
 『まちのにぎわいと図書館』
  ひと・ネットワーククリエイター/広場ニスト  山下 裕子氏

   広場ニストとして、各所でにぎわいづくりと人繋がりをつくってきた知見から、図書館という空間の可能性とその課題について学ぶ。
 14:40〜16:10(90分)講義3「社会的弱者支援」
 『貧困やホームレス問題の現状と図書館の「場」のあり方』
  雑誌『ビッグイシュー日本版』副編集長 土田 朋水氏

   貧困問題・ホームレス問題や包摂的な社会づくりの重要性について知り、サードプレイスの典型のひとつといわれる図書館という「場」の可能性について考える。

■2月7日(木)

 10:30〜12:00(90分)講義4「施設デザイン」
 『設計プロセスからはじまる図書館』
  建築家/設計事務所o+h協同主宰  大西 麻貴氏
  UMA / design farm代表  原田 祐馬氏
  編集者/株式会社MUESUM代表  多田 智美氏代表

   建築家、デザイナー、編集者と異なる専門性をもつメンバーで設計チームを構成し、「自分たちのまちを自分たちでつくる」を理念のもと生まれた福智町立図書館・歴史資料館「ふくちのち」(福岡)。その設計プロセスを通して、新たな図書館の可能性を考える。

 13:00〜14:30(90分)講義5「学校図書館」
 『居場所としての学校図書館』
  埼玉県立浦和第一女子高校図書館 担当部長兼主任司書  木下 通子氏

   一口に学校図書館といっても、通ってくる生徒によって、求められる機能が変わってくる。貸出・予約などの資料提供をベースにして創られる学校図書館の様子とそこを利用する子ども達の様子を、高校図書館の実践例から紹介する。
 14:40〜17:10(150分)講義6「地域の課題解決支援」
 (ワークショップ)『場の使いこなし方再発見ワークショップ』
  場とコトLAB代表  中脇 健児氏

   図書館という「場」を改めて検証し、現状からどんなアイデアが生まれてくるのかを体験するワークショップ。

■2月8日(金)

 10:00〜11:30(90分)講義7「AIと図書館」
 『人工知能研究とコラボレーションを実現する次世代図書館−学修スペースAgora』
  電気通信大学 学術国際部学術情報課学術情報サービス係専門員/係長  中田 はるみ氏

   電気通信大学附属図書館の学修スペース『UEC Ambient Intelligence Agora』のねらいと今後の展開−AI研究とのコラボレーションによる次世代図書館について考える。
 11:30〜 閉講式

 

申し込み・問い合わせ先等:
(1)申込方法 別紙「参加申込書」に必要事項を記入のうえFAXまたはメールでお申し込みください。

 ※PDF・Word形式の申込書は、当研修の案内ページからダウンロード可能です。

  また、メールフォームからもお申し込みいただけます。
 〈案内ページ〉http://www.library.pref.nara.jp/news/2854
 〈メールフォーム〉https://ssl.form-mailer.jp/fms/d029fbe0599747

(2)申し込み期限 平成31年1月11日(金)必着

(3)問い合わせ先 奈良県立図書情報館 図書・公文書課(図書館地区別研修事務局)

(4)その他 宿泊は各自で手配してください。


主催: 文部科学省 奈良県教育委員会
主管: 奈良県立図書情報館
協力: 公益社団法人日本図書館協会、全国公共図書館協議会、近畿公共図書館協議会

関係HP: http://www.library.pref.nara.jp/news/2854
               (PDF) http://www.library.pref.nara.jp/sites/default/files/chikubetu_youkou.pdf

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2019.2.5-8奈良】平成30年度図書館地区別研修(近畿地区) | comments(0) | - |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | スポンサーサイト | - | - |-