Search
New Entries
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
お知らせ

リブヨTOPページはこちらです。

※この記事より上の記事はカレンダーに反映されていません。

posted by: リブヨ | つぶやき | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |-
【2019.7.26大阪】専門図書館協議会 教育プログラム(関西地区)「法情報資料・データベースとリーガル・リサーチの基礎」

日時: 2019年7月26日(金)13:30〜16:30

会場: 大阪市立総合生涯学習センター メディア研修室
     大阪市北区梅田1−2−2−500 大阪駅前第2ビル5階

    <アクセス> https://osakademanabu.com/umeda/access


内容: 図書館員にとって必要な法情報とは―?
     知っておくと役立つ法律分野の情報について基本的な知識を専門家から学びます。


     日ごろのレファレンスで法情報に触れる方や法律の調べ方をこれから学んでみたい方にもわかりやすく解説します。
     ■ リーガル・リサーチとは
     ■ 法情報資料の特徴
     ■ データベースの紹介 など・・・

    * パソコンを使った簡単な演習もあります。

    どうぞふるってご参加ください。
 
講師のご紹介: 鈴木 敦 氏(中央大学図書館・大東文化大学法学部非常勤講師、法律図書館連絡会幹事会幹事・同メディア委員会委員長、ロー・ライブラリアン研究会会員)
 大学図書館で法情報サービス等を担当するほか、大学院で「現代社会における法と情報」の講義も行っている。「法情報のリサーチ」に関連する本や雑誌論文の執筆、DVDの制作など多彩な活動を展開中。

定員: 20名(申込み先着順)
参加費: 会員: 無 料、非会員:3,000円(当日現金払)


申込方法: 下記HPまたはFAXにて。

 

主催・問い合わせ: 専門図書館協議会

 

詳細HP: https://jsla.or.jp/educational-program-20190726/?fbclid=IwAR2SR4MPMGHjycoP2RLqeaDM5jJIinl_fLQhsEIdaWv8MCQBpR_1ZiHIiRE

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2019.7.26大阪】専門図書館協議会 教育プログラム(関西地区)「法情報資料・データベースとリーガル・リサーチの基礎」 | comments(0) | - |-
【2019.6.18京都】2019年度 同志社大学図書館司書課程講演会「国際的なライブラリアンシップに関する現代的・歴史的展望」

開催日: 2019年6月18日(火)13:10〜14:40  ※受付開始 : 12:40
開催場場所: 同志社大学 新町キャンパス 臨光館R207教室

       <アクセス> https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/shinmachi.html

 

開催趣旨: 図書館学分野は、100年以上にわたり国際的な専門職として、技術標準、専門的ネットワーク、および共通の職業倫理を発展させてきた。本講演ではそのようなInternational LibrarianshipがIFLA Journalの編集プロセスにどのように反映されているかを紹介する。また、講演者が現在研究している、カーネギー国際平和基金による国際平和図書館プログラムについても議論する。同プログラムでは1918年から1941年にかけ、国際主義に関する図書の普及活動が行われた。日本の学校・大学にも図書が寄贈され、その対象には同志社大学も含まれていた。

 

タイトル: Contemporary and Historical Perspectives on International Librarianship
      国際的なライブラリアンシップに関する現代的・歴史的展望

登 壇 者: Steven Witt 氏(Associate Professor, University of Illinois at Urbana-Champaign Editor, IFLA Journal)

 

費用: 無料
対象者: 在学生 一般の方 受験生 卒業生
参加申込: 不要


主催: 同志社大学図書館司書課程

 

詳細HP: http://www.slis.doshisha.ac.jp/event/new_event/

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2019.6.18京都】2019年度 同志社大学図書館司書課程講演会「国際的なライブラリアンシップに関する現代的・歴史的展望」 | comments(0) | - |-
【2019.7.28大阪】セミナー「デジタルネットワーク環境における図書館利用のプライバシー保護ガイドライン」

「図書館の自由に関する宣言」が規定する利用者の秘密を守るために「貸出業務へのコンピュータ導入に伴う個人情報の保護に関する基準」(1984年)として示してきましたが、現在では、当時想定していなかった課題が多数出てきています。
 図書館の自由委員会では、2018年9月に「デジタルネットワーク環境における図書館利用のプライバシー保護ガイドライン」(案)を作成して意見を募集しました。寄せられた意見をもとに案を修正し、このたびガイドラインとして公表することとなりました。成文は、2019年6月14日に開催される2019年度通算第2回(定時)代議員総会に報告予定です。
 本セミナーでは、このガイドラインについて解説し、今後の図書館サービスの現場で具体的に活用されることをめざします。

 

日時: 2019年7月28日(日)14:00〜16:00
場所: 大阪私学会館(大阪市都島区網島町6-20)
     <アクセス> http://osaka-shigaku.gr.jp/kaikan/access/index.htm

 ※同内容で、8/2に東京で第2回が開催されます。


講師: 佐藤眞一(図書館の自由委員会委員)

 

参加費: 500円(資料代)

 

主催: 日本図書館協会図書館の自由委員会

問合先: 日本図書館協会図書館の自由委員会事務局

 

詳細HP: http://www.jla.or.jp/committees/jiyu/tabid/813/Default.aspx

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2019.7.28大阪】セミナー「デジタルネットワーク環境における図書館利用のプライバシー保護ガイドライン」 | comments(0) | - |-
【2019.7.21兵庫】2019年度シンポジウム「2018年水害被災地の資料保全活動―西日本豪雨・台風21号―」

2018年に日本列島各地を襲った西日本豪雨や台風21号による風水害からおよそ1年が経過しました。水害直後から、被災地では様ざまな担い手によって資料保全活動が取り組まれ、現在もその活動は続いています。このシンポジウムでは、各地の取り組みを通じて、資料保全活動の過程であらわれた成果と課題について、情報を交換する場としたいと考えています。


日時: 2019年7月21日(日)13:00〜16:40頃 (開場予定12:45)
会場: 兵庫県民会館 10階「福の間」(神戸市中央区下山手通4-16-3)

     神戸市営地下鉄「県庁前駅」すぐ、JR「元町駅」・阪神電鉄「元町駅」より北へ徒歩7分

    <アクセス> http://hyogo-arts.or.jp/arts/kenminmap.htm

 

資料代: 500円(史料ネット会員は無料)

事前申し込み不要

 

報告: ◦東野将伸さん(岡山史料ネット/岡山大)
    ◦胡光さん(愛媛資料ネット/愛媛大)
    ◦西向宏介さん(広島史料ネット/広島県立文書館)

 

コメント: ◦森島一貴さん(関市文化財保護センター)
      ◦松本充弘さん(歴史資料ネットワーク)

 

ネット中継を行う予定です。詳しくは改めてご案内します。

 

チラシ(pdf):https://drive.google.com/file/d/1bMFJOzzetOxv-UxJ5UH33hDfZ21JfsI0/view?usp=sharing

情報元HP: http://siryo-net.jp/event/201907-gm/

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2019.7.21兵庫】2019年度シンポジウム「2018年水害被災地の資料保全活動―西日本豪雨・台風21号―」 | comments(0) | - |-
【2019.7.21-23京都】こどもの本ブックフェア 本のおまつり2019 京都会場

日程: 2019年7月21日(日)〜7月23日(火) 10:00〜17:00(最終日は16:00まで)
場所: 京都市勧業館(みやこめっせ)第2展示場
    (京都府京都市左京区岡崎成勝寺町9-1)
     <アクセス> http://www.miyakomesse.jp/access/
               ※岡山、福岡、札幌でも開催

 

※詳細はまもなく発表予定。


情報元HP: https://twitter.com/kodomonohon/status/1138264676226101248

             https://twitter.com/kodomonohon/status/1138267343652413441

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2019.7.21-23京都】こどもの本ブックフェア 本のおまつり2019 京都会場 | comments(0) | - |-
【2019.6.19大阪】シンポジウム「公立図書館と地域社会の絆 part2 −甲州市/瀬戸内市の現状と今後の取組み・図書館サービスの変遷と地域との係り」

昨年度に続き、「地域における知の拠点」であるとともに、地域文化の継承、地域住民等の出会い の場の提供を通じて地域社会のニーズを汲み取り、地域価値創造に邁進されている公立図書館(2 自治体)関係者と有識者(1自治体)を講師としてお招きしました。 「市町村立図書館は、知識基盤社会における知識・情報の重要性を踏まえ、資料や情報の提供 等の利用者及び住民に対する直接的なサービスの実施や、読書活動の振興を担う機関として、ま た、地域の情報拠点として、利用者及び住民の要望や社会の要請に応え、地域の実情に即した運 営に努めるものとする」(「図書館の設置及び運営上の望ましい基準」(第一総則三運営の基本 2)) とされています。 公立図書館の運営には自治体の直営のみならず指定管理者制度の活用もありますが、下記の 疑問をベースに、2 自治体の具体的な取組みや公共図書館における今日的課題への対応につい て、講師の皆さまからお話しいただき、会場の皆さまと意見交換を行って参ります。 ・市としてどのような視点から、地域社会を巻き込んで公立図書館を運営されているのか? ・公立図書館サービスを通じて、地域社会を具体的にどのように変えようとしているのか? 是非、当シンポジウムへのご参加をよろしくお願い致します。

 

日時: 2019 年 6 月 19 日(水)18:30〜21:00

会場: 大阪駅前第2ビル 6 階 大阪市立大学文化交流センター

    <アクセス> http://www.gsum.osaka-cu.ac.jp/access.html

 

プログラム:
 18:30〜18:40 ご挨拶 :永田 潤子(統括) 遠藤 尚秀(コーディネーター)
 18:45〜19:20 甲州市立勝沼図書館の取組み :古屋美智留氏
 19:20〜19:55 瀬戸内市民図書館の取組み :嶋田 学 氏
 19:55〜20:05 (休 憩)

 20:05〜20:40 図書館サービスの変遷と地域との係り :樹下 康治氏
 20:40〜21:00 パネルディスカッション、質疑応答

 

参加料: 無料

定員: 120 名程度(当日受付)

 

主催:  大阪市立大学大学院 都市経営研究科 都市政策・地域経済

お問い合わせ: 大阪市立大学都市経営研究科

 

詳細HP: http://gsum-upre.jp/event/20190619-2/

     (PDF) http://gsum-upre.jp/wp/wp-content/uploads/2019/06/20190526.pdf

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2019.6.19大阪】シンポジウム「公立図書館と地域社会の絆 part2 −甲州市/瀬戸内市の現状と今後の取組み・図書館サービスの変遷と地域との係り」 | comments(0) | - |-
【2019.8.16京都】令和元年度全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会

全国書誌データ及びレファレンス協同データベースの利活用に関心をお持ちの図書館職員の方を対象に、 「全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会」を、国立国会図書館の東京本館及び関西館で開催します。

この研修会では、全国書誌データの具体的な活用方法と、レファレンス協同データベースの概要や事業に参加する利点、 その利活用方法をご紹介します。
また、全国書誌データを用いた文献リストの作成や、レファレンス協同データベースへのデータ登録を実際に体験していただきます。

目録作成や文献リスト作成などの書誌に関わる業務の効率化、レファレンス業務の改善に関心がある方、 レファ協を学び直したい参加館の方におすすめの研修となっています。
ぜひご参加ください!


日時: 令和元年8月16日(金)13時から17時まで(受付は12時30分〜)
会場: 国立国会図書館関西館1階 第1研修室
               <アクセス>http://www.ndl.go.jp/jp/service/kansai/guide/route.html
     ※東京本館会場は、8月2日(金)に開催。

  参加費は無料です。
  両会場とも、研修会終了後に、個別の質問にお答えする場をご用意します。お気軽にお声がけください。

対象・定員:
 •全国書誌データ及びレファレンス協同データベースの利活用に関心をお持ちの図書館職員の方
 •定員は30名です。原則として1機関につき1名を先着順に受け付けます。

内容:

 講義・実習
 •全国書誌データの特長、利用方法と利活用事例紹介、実習
 •レファレンス協同データベースの概要、利用方法と利活用事例紹介、実習

 

申込方法: フォームからお申込み下さい。
申込締切: 令和元年8月9日(金)

 

遠隔研修(動画)「全国書誌データの利活用」のご案内

平成30年8月に開催した「全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会」の講義のうち、
 全国書誌データに関する部分を、YouTube国立国会図書館公式チャンネルで公開しています。

 遠隔研修のページ > 全国書誌データの利活用(こちらからYouTubeへのリンクがあります。)

 

問合せ先: 国立国会図書館関西館 図書館協力課 協力ネットワーク係
主催: 国立国会図書館


詳細HP: https://crd.ndl.go.jp/jp/library/guidance_06.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2019.8.16京都】令和元年度全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会 | comments(0) | - |-
【2019.6.22大阪】追手門学院大学・新図書館開館記念セミナー「「図書館の中に教室がある―追手門学院大・新図書館 ALUMNI LIBRARY(アラムナイ ・ライブリー ライブリー )」

日時: 2019年6月22日(土)13時00分〜16時30分(受付は12時30分)
場所: 追手門学院大学・茨木総持寺キャンパス 3階『A371教室』

     大阪府茨木市太田東芝町 1-1

     <アクセス> https://www.otemon.ac.jp/guide/campus/access.html


2019年4月に新しく開設した「茨木総持寺キャンパス」の大学棟には、「図書館の中に教室がある」をコンセプトに本棚に包まれた「にぎわい」のある学びの空間があります。また新キャンパス開設を機に、追手門学院では電子図書館サービス「LibrariE」を、小・中・高・大で提供を始めました。

そこで、新キャンパス・新図書館を見学し、追手門学院が実践するICTを活用した新しい教育についてのセミナーを開催いたします。


プログラム:

【第1部 セミナー「教育を変える電子図書館サービス】13:00〜15:00

 ●「追手門学院の挑戦−1人1台のデバイスと電子図書館、ディスカバリーサービス」

  湯浅俊彦(追手門学院大学・国際教養学部、図書館・情報メディア部長)

 ●「電子図書館サービス LibrariEの可能性」(仮題)

  大野 繁治氏(株式会社紀伊國屋書店・ICT営業本部長 役員待遇)

 ●「ディスカバリーサービスを活用したこれからの図書館サービス」(仮題)

  古永 誠氏(EBSCO Information Services Japan株式会社・営業部長)

 ●ディスカッション

【第2部 見学会】15:30〜16:30

 

参加費無料・定員有

 

申込方法: 下記HPより

 

問合先: 追手門学院大学 図書館・情報メディア部

 

詳細HP: https://www.otemon.ac.jp/event/other/_8018.html

     (PDF)https://www.otemon.ac.jp/var/rev0/0001/8623/1196710427.pdf

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2019.6.22大阪】追手門学院大学・新図書館開館記念セミナー「「図書館の中に教室がある―追手門学院大・新図書館 ALUMNI LIBRARY(アラムナイ ・ライブリー ライブリー )」 | comments(0) | - |-
【2019.8.8-9奈良】第46回近畿学校図書館研究大会(奈良大会)

期日: 2019年 8月8日(木)・8月9日(金)
会場: 帝塚山大学 奈良・学園前キャンパス

     〒631-8585 奈良市学園南 3-1-3

     <アクセス> http://www.tezukayama-u.ac.jp/access/
 ※会場には駐車場はございません。公共交通機関にてご来場ください。

主題: ICT時代の学校図書館主題「未来への学びを拓く学校図書館 〜知と創造のトビラを開けよう〜」
 現在移行中の新学習指導要領、飛躍的に進化を続ける AI 技術、そして 2020 東京オリンピック・パラリンピックの開催……教育も社会も今、大きな転換期にあります。時代の潮目をわたる子どもたちの力を支える「主体的・対話的で深い学び」の実践をすすめるために、学習活動において学校図書館の必要性がますます高まっています。本大会では「まなび」「ひろがり」「つながり」を分科会のテーマに、自らの手で新しい時代を切り拓く知力・創造力を持つ子どもたちを育む ため、講義、実践発表や討議、ワークショップなどを通して、 集い、学び、語り合いたいと思います。

 

日程:
<第1日目(8月8日)>
 開会式 9:50〜10:20(受付9:00〜)
 SLA報告 10:20〜11:20
 記念講演 11:30〜13:00
   「美智子さまと本と私」 講師:帝犹蛎膤 客員教授 西 山 厚 先生

 分科会 14:20〜16:20 

<第2日目(8月9日)>
 分科会 9:50〜11:50(受付9:20〜)
 分科会 13:00〜15:00

 図書館見学 15:15〜16:15

 

参加対象: 教諭 学校司書 学校図書館担当者 教職員 学校図書館に興味のある人(定員800人程度)
参加費: 3,700円(資料代)

申込み:

 本大会への参加申し込みは、インターネット上のホームページよりお申し込みください。
  ※お申し込みの際には、お申込者個人のメールアドレスをご用意ください。
  ※勤務校など所属アドレスでも申し込み可能です。携帯アドレスはご利用になれません。
  ※スマートフォンからもお申し込みいただけます。
 1)申込受付期間:令和元年6月10日 (月)〜 7月24日 (水)
 2)申込アドレス: https://va.apollon.nta.co.jp/tosho2019/

主催: 奈良県学校図書館協議会、近畿学校図書館連絡協議会、公益社団法人 全国学校図書館協議会

後援(申請中):  文部科学省、奈良県教育委員会、奈良市教育委員会、和歌山県教育委員会、福井県教育委員会、滋賀県教育委員会、京都府教育委員会、大阪府教育委員会、大阪市教育委員会、兵庫県教育委員会

詳細HP: https://va.apollon.nta.co.jp/tosho2019/joho?MODE=top
     (PDF) https://va.apollon.nta.co.jp/tosho2019/files/yo-ko.pdf

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2019.8.8-9奈良】第46回近畿学校図書館研究大会(奈良大会) | comments(0) | - |-