Search
New Entries
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【2017.10.30、11.7和歌山】図書館基礎講座2017 in 関西

日時: 平成29(2017)年10月30日(月)・11月7日(火)
     両日とも10:00〜16:30

会場: ※1日目と2日目で会場が異なります。
 10月30日(月)和歌山大学クロスカル教育機構学術情報センター図書館 3階 マルチルーム1
   〒640-8510 和歌山県和歌山市栄谷930

  <アクセス> http://www.wakayama-u.ac.jp/about/access.html

 11月7日(火)和歌山県立図書館 2階 講義・研修室
   〒641-0051 和歌山県和歌山市西高松一丁目7番38号

  <アクセス> https://www.lib.wakayama-c.ed.jp/honkan/1guide/8access.html

 

プログラム:
 ●10月30日(月)
  10:00‐12:00 第1講「著作権法と図書館」 講師:南 亮一氏(元JLA著作権委員会)
  13:30‐15:30 第2講「図書館サービスの動向」 講師:日置将之氏(大阪府立図書館)
  15:40‐16:30 関西限定特別講座1「和歌山大学図書館の取り組み」+施設見学 講師:渡部幹雄氏(予定)(和歌山大学図書館長)

 ●11月7日(火)
  10:00‐12:00 第3講「図書館の基礎」 講師:相宗大督氏(大阪市立住之江図書館)
  13:30‐15:30 第4講「図書館の自由」 講師:奥野吉宏氏(JLA図書館の自由委員会、京都府立図書館)
  15:40‐16:30 関西限定特別講座2「高齢者と絵本」 講師:喜多由美子氏(八尾市立志紀図書館)

 

参加申込方法・定員・資料費について:
  参加については、以下の1‐4を明記のうえ、できるだけメールにてお申込みください。
 ※Facebookページでは受付していません。
  1 お名前
  2 電話番号
  3 所属
  4 受講希望科目
メール送信先:jlakiso☆gmail.com(☆を@に変えてください)


定員: 10月30日:50名、11月7日:80名(共に先着順受付)
資料費: 1科目200円(特別講座は無料)

 

問い合わせ: 日本図書館協会 http://www.jla.or.jp/

 

詳細HP: (Facebook) https://www.facebook.com/pg/jlakisokoza/posts/

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.10.30、11.7和歌山】図書館基礎講座2017 in 関西 | comments(0) | - |-
【2017.8.21大阪】「図書館見学&交流会」at 大阪府池田市図書館

日時: 2017年8月21日(月)13:00〜17:00頃
会場: 大阪府・池田市立図書館
     阪急・宝塚線・池田駅下車
       <アクセス> http://lib-ikedacity.jp/

 

内容:

●第一部:13−17時
  図書館見学会、取り組みのお話し、質疑応答
  参加者同士の館の紹介・情報交換、ネットワーク作り
  参加費:無料

●第二部:終了後、17:30頃から、お店での参加者懇親会
  阪急・池田市駅近くのお店で、懇親会。
  遅くまでやってますので、途中から参加もOKです。

  参加費: 4000円程度予定

 

当日は閉館日なので、来館者を気にせずに、開館日には見れない部分や、バックヤードまでじっくりと見学できます。
幅広い自治体のいろいろな図書館員の方と、深い情報交換&本音のネットワーク作りを目的にしています。
参加者は、非常勤職員の方をはじめ、新人・若手から館長クラスまで、キャリアを問わず、幅広く参加されています。
遅れての参加や、第一部のみ、第二部のみの参加も可能です。

 

参加申込・お問い合わせ: tosyokankikaku☆gmail.com(☆を@に変えてください)

 

情報提供: 主催者の方(リブヨもお手伝いしています)

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.8.21大阪】「図書館見学&交流会」at 大阪府池田市図書館 | comments(0) | - |-
【2017.8.5-6京都】子どもの読書と教育を考える会 第31回 夏季研究会

日時: 2017年8月5日(土)13時〜 6日(日)16時
会場: お宿いしちょう(京都市中京区河原町通竹屋町東入ル)
     http://www.ishicho/co/jp 
     ● 京都駅より 市バスで約20分(河原町丸太町下車徒歩3分)
              地下鉄で約10分(京都市役所前駅より徒歩5分)
     ● 最寄り駅より 京阪電車神宮丸太町駅より徒歩5分

  子どもたちに、読書の楽しさを知ってもらいたいと願っているみなさん。本会は1987年創立。
 保育士や教員、図書館員や文庫関係者、ボランティア、作家や研究者、学生などが集い、楽しく研究と交流を深めています。子どもの本のことを知りたいと思っている先生や保育士、自分の子どもにどんな本を読んであげたらいいのかな?と迷っているお母さん。本のことを知らないという人も大歓迎です。この夏、「子どもの読書と教育を考える会」夏季研究会に集い、ともに楽しく学びませんか。

内容:
   一日目 8月5日(土)
  ● 受付 (13:00〜 )
  ◆ 開会の辞 (13:30〜 ) 子どもの読書と教育を考える会 代表 正置 友子
  ★ 対談(14:00〜16:00) 「お話への思い――朗読をまじえて」 
     講師 高楼 方子氏 (児童文学作家・絵本作家)

  函館市に生まれる。『へんてこもりにいこうよ』(偕成社)『いたずらおばあさん』(フレーベル館)で路傍の石幼少年文学賞,『キロコちゃんとみどりのくつ』(あかね書房)で児童福祉文化賞,『おともださにナリマ小』(フレーベル館)『十一月の扉』(受賞当時リブリオ出版,2016 年福音館書店から復刊)で産経児童出版文化賞,『わたしたちの帽子』(フレーベル館)で赤い鳥文学賞・小学館児童出版文化賞を受賞。絵本や童話,エッセイなど,幅広い分野の作品を執筆している。札幌在住。

  ◆ お話の夕べ (18:30〜)

  ストーリーテリングなどの実演コーナーです。多くの方の飛び入り実演参加をお待ちしています。おとなも子どももいっしょに楽しみましょう。

  ◆ 夜の交流会 (19:45〜22:00)

  初めての人もいっぺんに仲良くなれるお楽しみタイム。子どもの本や読書活動、子育てや学校教育のこと等々、いっぱい語り合いましょう。

 二日目8月6日(日)

  ★ 分科会 (9:30〜12:00)

  屬話を語るときに大切にしたいこと」
  講師 石川 晴子氏(児童文学研究者)

  石川さんは児童文学研究をしながら、文庫や図書館などでお話を語ってこられました。お話を実際に語っていただきながら、お話を語ることの基本と、今、子どもに対してどうしても語っておくべき話について話していただきます。

 ◆嵋楾イな子どもを育てるブックトーク」
   講師 脇谷 邦子氏(元大阪府立図書館司書)

  ブックトークの基本についてのお話をお聞きした後、「ともだち」をテーマにしたワークショップ(中学年対象)を行います。ご参加の方はテーマに沿った本を一冊お持ちください。「ともだち」をいろいろな視点で考えてみましょう。

 「昔話と神話・伝承を考える」
   講師 鹿谷 容子氏(小澤昔ばなし大学再話者協会ひょうご昔ばなし大学再話研究会)

  小学校でのおはなし会をされており、主な語りは昔話です。学校から民話のリクエストが増えているが、民話とは昔話や伝説も含めた民間伝承ばなしの総称だと考えられるが、学校が求める民話とは?また、神話は幼い子どもにとっては、その背景がわかりにくく、難解な言葉も多い。子どもに分かりやすい独特の語法や語りのリズムをもつ素朴な昔話の方が受けいれやすいのではないでしょうか。教科書に掲載の「いなばのしろうさぎ」再話と原話との比較も交え、現場の先生や子どもたちからの発言も紹介していただきながら、みなさんといっしょに考えてみましょう。

 ★ 講演 (13:30〜16:00)
 「絵本はここから始まった ―150年前のヴィクトリア時代、
  彫版師エヴァンスと絵師クレインは絵本づくりに取り掛かった」
  講師 正置 友子

  1973年に千里ニュータウンに青山台文庫創設。1994年イギリスに留学。2000年イギリスのローハンプトン大学よりヴィクトリア時代の絵本研究論文により博士号(PhD)授与。2009年絵本学研究所設立主宰。2017年、日本で初めてのウォルター・クレイン展に関わる。近著:『保育のなかの絵本』(かもがわ出版 2015年)、『イギリス絵本留学滞在記―現代絵本の源流ウォルター・クレインに魅せられて―』(風間書房 2017年)。訳書:ジェーン・ドゥーナン『絵本の絵を読む』(玉川大学出版部 2013年)。

  日本で初めての「ウォルター・クレイン展」は、今年2月、滋賀県立近代美術館でスタートし、5月、千葉市美術館で終了しました。展示作品は、その斬新さと美しさで、会場を訪れた人たちを魅了しました。クレインが絵を描き、エヴァンズが彫り印刷した、木口木版による絵本、この質の高い絵本が、それまで軽視されていた絵本観を「子どもたちにこそ最高の絵本を」という絵本観へと転換させたのです。今回の講演会では、今ある絵本の形態がイギリスのヴィクトリア時代に生れた時のことを、150年前の絵本を映し出しながら、お話しします。また、当時の絵本の実物を見ていただきます。美術展には参加できなかった人たちもご参加ください。

 

参加費、申し込み方法等詳細は以下を参照。

 

主催: 子どもの読書と教育を考える会(略称:子読教)

詳細HP: http://kodokukyo.blogspot.jp/2017/05/blog-post_22.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.8.5-6京都】子どもの読書と教育を考える会 第31回 夏季研究会 | comments(0) | - |-
【2017.9.22大阪】KU-ORCAS キックオフセミナー「デジタル・アーカイブ化の先にあるものー新しい人文学研究のあり方をめぐってー」

このたび関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(Kansai University Open Research Center for Asian Studies:KU-ORCAS)が設立され、その研究プロジェクト「オープン・プラットフォームが開く 関大の東アジア文化研究」を推進してまいります。
つきましては、その設立を記念して、下記のとおり「KU-ORCAS キックオフセミナー」を開催いたします。参加ご希望の方は、下記案内の申し込みフォームよりお申込みください。

 

日時: 2017年9月22日(金) 15:00〜18:00

会場1: 関西大学 東京センター

        <アクセス> http://www.kansai-u.ac.jp/tokyo/map.html
会場2: 関西大学 千里山キャンパス 以文館セミナースペース

     <アクセス> http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/mapsenri.html

 

プログラム:

 挨拶:芝井敬司(関西大学学長)

 講演 東京会場
  永崎研宣(一般財団法人人文情報研究所 主席研究員)
  「SAT 大蔵経テキストデータベース
   ー東アジア文化研究デジタルアーカイブのオープン・プラットフォームとしてー」

  久永一郎(大日本印刷株式会社 C&I事業部コンサルティング本部IM&Sコンサルティング室室長)
  「ルーヴル美術館・DNP 共同プロジェクト"Lonvrev−DNP Museum lab"鑑賞
   システムの開発プロセスと認知科学的実証(論文)の紹介」
  「BnF(フランス国立図書館)所蔵 天球儀・地球儀の超高層細3次元計測の技術紹介」

 講演 大阪会場
  引原隆士(京都大学図書館機構長・附属図書館長)
  「京都大学貴重資料デジタルアーカイブ−画像データのオープンアクセスと流通促進ー」

  中谷伸生(関西大学 文学部教授)
  「デジタル・アーカイブの一事例−大坂の淀川図巻をめぐって−」

 

*ニ会場同時開催 二元中継
*事前申し込み要 申し込みフォーム https://goo.gl/6Jj1Dq

詳しくはこちらをご覧ください。

 

お問合せ先: 関西大学 研究所事務グループ

 

詳細HP: http://www.kansai-u.ac.jp/Tozaiken/news/2017/08/ku-orcas2017922.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.9.22大阪】KU-ORCAS キックオフセミナー「デジタル・アーカイブ化の先にあるものー新しい人文学研究のあり方をめぐってー」 | comments(0) | - |-
【2017.9.8京都】デジタルアーカイブサロン2017年秋番外編「ゲームの保存と目録 ー立命館大学における活動を通じてー」

日時: 2017年9月8日(金) 15時〜19時
      15時頃より ゲーム研究センター収蔵庫見学会
      17時頃より アート・リサーチセンターで研究会
      19時頃より 懇親会
場所: 立命館大学 衣笠キャンパス

     <アクセス> http://www.ritsumei.ac.jp/campusmap/kinugasa/

 

協力(予定): 立命館大学アート・リサーチセンター、立命館大学ゲーム研究センター
参加費: 無料

 

懇親会: 4,000円から5,000円
 なお、懇親会の場所は大学の近くを予定しています。
 恐れ入りますが、参加の可否だけは18日(金)のお昼までにお知らせください。

 

 9月10日(土)、10日(日)は、アーカイブサミット2017 in 京都 が開催されます。
  http://archivesj.net/summit2017top/
 その勝手に前夜祭として立命館大学衣笠キャンパスにおいて関西地区部会との共催で開催します。

 今回は学会の関西地区部会との合同企画として、立命館大学で進めているゲームアーカイブ事業に関して、その収蔵庫の見学会も含めて、立命館大学のゲーム保存活動の概要と、ゲームの目録・メタデータを中心に日本のデジタルアーカイブの課題と今後の方向性を探る研究会を開催したく考えています。
 ゲーム研究センター収蔵庫の見学会とアート・リサーチセンターで「ゲームの保存と目録 −立命館大学における活動を通じて-」と題して研究会を開催します。

 東京からに1本の発表を含めて3本ほどの発表と討論を予定します。ぜひご参加ください。

 6月に開催した第77回のときのルドンさんとは違った思想と方向性で、保存とアーカイブ化を志向する立命館大学の活動もぜひ注目したいものです。
 金曜日に少し早く京都へおいでください。

 

主催:アート・ドキュメンテーション学会関西地区部会・デジタルアーカイブブサロン

 

詳細HP: (Facebook)https://www.facebook.com/events/506300139708507/

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.9.8京都】デジタルアーカイブサロン2017年秋番外編「ゲームの保存と目録 ー立命館大学における活動を通じてー」 | comments(0) | - |-
【2017.9.22、9.29、10.26】知的障害の方のための読書支援サポート講座

知的障害のある方が読書を楽しみ、必要な情報を得ることができるように、知的障害についての理解を深め、わかりやすい資料の提供やサービスについて学びます。「読み聞かせ」や「代読」などの実習で、実際に役に立つ方法を習得します。
図書館スタッフ、特別支援学校の先生、ボランティアやガイドヘルパーなどの福祉関係者の方、そのほか、知的障害の特性や対応方法、読書支援等に関心をお持ちの方、ぜひご参加ください。

 

とき・ところ:
 。横娃隠掲9月22日(金)13時15分〜16時45分 生駒市図書会館
 ■横娃隠掲9月29日(金)13時30分〜16時45分 桜井市立図書館
 2017年10月6日(金)13時30分〜16時45分 桜井市立図書館

 

内容
/渊餞曚両祿下團機璽咼垢斑療障害の方  わかりやすい本と視聴覚資料
知的障害の方との関わり方  本の紹介と読み聞かせ(実習付き)
B綟匹諒法その1・その2(実習付き)

 ―全講座の受講者には、修了証を渡します。1日単位の受講も可能です。

 

費用: 無料

 

申し込み・問い合わせ:
 8月16日(水)から市ホームページの申し込みフォームか、市内の5図書館・室のカウンターにある申込書に必要事項を書いて直接、図書館(筍沓機檻毅娃娃)―,世嬰日受付可能です。

 

 主催: 文部科学省科学研究費助成事業「公共図書館における知的障害者のための合理的配慮のあり方に関する研究」研究委員会
 共催: 生駒市図書館、桜井市立図書館

 

詳細HP: http://lib.city.ikoma.lg.jp/toshow/moyoosi.html
      http://www.library.sakurai.nara.jp/original/toppage.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.9.22、9.29、10.26】知的障害の方のための読書支援サポート講座 | comments(0) | - |-
【2017.9.21大阪】認知症にやさしい図書館とは by 阪大 Part IV

日時: 2017年9月21日(木)16:30 - 19:00

場所: 中之島フェスティバルシティ12階 アサコムホール(大阪市北区中之島2-3-18)

    <アクセス> https://www.festival-city.jp/

 

今回のキーワード「共創から協働へのランウェイ」
・図書館の取り組み 実例のご紹介
  鶴見図書館、香芝市図書館 (予定)
・こんなときどうする?認知症と思われるケースをグループワークで出し合いましょう!
 みんなで考えたらもっといいアイデアがでるかもしれません!!
  【特別参加】呑海沙織 (筑波大学図書館情報メディア系)

 

対象: 関心のある図書館、行政関係者 (定員60名)
 

申込方法: library2016kansai☆gmail.com(☆を@に変えてください)
 上記メールアドレスに件名に「認知症図書館参加」として、
  〇疚勝´⊇蠡亜´懇親会出席の有無を記入し、9月14日(木)まで 
  にメールでご連絡ください。事前に人数把握をさせていただきます。

   ※定員60名、先着順。(懇親会は定員30名、先着順)
   ※懇親会が19時半から近隣のレストランであります。会費最大4000円。

 

入場無料

 

主催者: 関西・認知症にやさしい図書館グループ Dementia-Friendly Libraries in Kansai, Japan

 

詳細HP: (Facebook) https://www.facebook.com/events/900938963387681/?acontext=%7B%22action_history%22%3A%22[%7B%5C%22surface%5C%22%3A%5C%22page%5C%22%2C%5C%22mechanism%5C%22%3A%5C%22page_upcoming_events_card%5C%22%2C%5C%22extra_data%5C%22%3A[]%7D]%22%2C%22has_source%22%3Atrue%7D

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.9.21大阪】認知症にやさしい図書館とは by 阪大 Part IV | comments(0) | - |-
【2017.9.30兵庫】埜納タオ氏講演会「図書館との出会い」

日時: 平成29年9月30日(土)14:00〜16:00
場所: 兵庫県立生活創造センター セミナー室(神戸クリスタルタワー5F)

    <アクセス> http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html


定員:  50名

無料

 

申込方法: 住所、氏名、電話番号を明記し、E-Mail・FAXにてお申込みください
 (お書きいただいた個人情報は、講演会等のお知らせ以外には使用いたしません)

 

主催・参加申込: 神戸・図書館ネットワーク

 

詳細HP: http://toshokannet.blog10.fc2.com/blog-entry-392.html

      http://nonoutao.com/ye_natao_Official_Site/ye_natao_Official_Web_Site.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.9.30兵庫】埜納タオ氏講演会「図書館との出会い」 | comments(0) | - |-
【2017.9.2兵庫】NR出版会『書店員の仕事』トークイベントin神戸

5月26日(金)に東京でおこなった『書店員の仕事』の出版記念会を盛会に終え、関西でも開催を熱望する声がいくつもあがったことから、このたび、神戸にてトークイベントを開催することになりました。『書店員の仕事』に執筆いただいた方をはじめ、書店員のみなさま、読者の方々どうしで意見を交換し、交流する場になればと考えております。ぜひともご参加くださいませ。

 

日時: 2017年9月2日(土)午後2時〜午後4時30分(午後1時40分受付開始)

会場: こうべまちづくり会館 3F 多目的室(兵庫県神戸市中央区元町通4-2-14)
      元町駅(JR・阪神)西口から西へ10分
        みなと元町駅(地下鉄海岸線)西1出口から北へ2分

      花隈駅(阪急)東口から南へ3分

    <アクセス> http://www.kobe-machisen.jp/access/

 

会費: 1,000円

定員: 80名

 

座談会: 市岡陽子さん(喜久屋書店阿倍野店)
     伊藤美保子さん(丸善京都本店)
     楫一子さん(喜久屋書店倉敷店)
     山本千紘さん(丸善岡山シンフォニービル店)
       ほか、ご執筆の方に登壇いただく予定です。

 

※会場準備の都合上、事前のお申し込みをお願いいたします。
 ご参加いただける方は、NR出版会ウェブサイトの参加申込フォームから
 お申し込みいただくか、お名前とご所属を明記のうえ、NR出版会事務局まで
 FAXかメールでご連絡ください。


参考: 単行本『書店員の仕事』特設ページ


問い合わせ先: NR出版会事務局
  http://www006.upp.so-net.ne.jp/Nrs/
  e-mail: nrpp☆js6.so-net.ne.jp(☆を@に変えてください)


詳細HP: http://www006.upp.so-net.ne.jp/Nrs/NR_symposiumInKobe.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.9.2兵庫】NR出版会『書店員の仕事』トークイベントin神戸 | comments(0) | - |-
【2017.8.26京都】ナレッジ×DIY「シラベル×クラウドファンディング・ミーティング2017 3rd」

持続可能な地域力再生活動のためには、活動資金、地域や社会からの信頼、活動理解者が大事だといわれています。

そこで、京都府庁NPOパートナーシップセンターでは、2016年からナレッジ×DIY「クラウドファンディング・ミーティング」シリーズを連続開催しています。

今回は、ナレッジ×DIYの人気企画「シラベル」とあわせ、「シラベル×クラウドファンディング・ミーティング2017 3rd」として拠点づくりを実践的に学ぶ機会を提供します。

 

ゲスト: 鎌倉 幸子(かまくら さちこ)氏
      (アカデミック・リソース・ガイド株式会社 リレーションズ・ストラテジスト)

 

日にち: 2017年8月27日(日曜日)
時 間: 13時30分〜17時00分(休憩10分) 
会 場: 京都府立図書館 3階 会議室

 

定 員: 25名定員(事前申込制・定員になり次第申込〆切)
進 行: 永見協働コーディネーター(クラウドファンディング相談担当)

 

プログラム 13時30分〜17時00分

 <第一部>拠点づくりのコツをシラベル
  ・鎌倉氏講演「拠点づくり×シラベル」
 ・グループワーク:話題提供団体チーム別にワーク
  ※申込時に、希望する団体を第三希望までお知らせください。

 <第二部>レッツ!ファンドレイズ
 ・鎌倉氏講演「拠点づくり×クラウドファンディング」
 ・リレートーク「クラウドファンディングを成功に導くカギ」
 ・グループトーク ほか

 話題提供団体・来場予定者 

  ( )内は拠点設置想定先 (順不同)

 ★絵本ちゃん(外部リンク) 代表 谷(たに)さん (京丹波)
 ★もっと大原里山研究所(外部リンク) 代表 安田(やすだ)さん (左京)
 ★地域活動団体 心のTANE(外部リンク)  筑原(ちくはら)さん (宇治)
 ★京都自死・自殺相談センター(外部リンク) 理事 吉田(よしだ)さん (中京)
 ★ふくちやま子育て教室わかば (外部リンク)代表 足立(あだち)さん (福知山)

 

問い合わせ・申込先: 京都府府民生活部府民力推進課

<お申込み事項>
・メール件名「シラベル×CF-MTG申込」
・氏名・ふりがな
・所属団体
・連絡先(メールアドレス・携帯番号)
  ※当日、天候不順等で延期・中止等のお知らせをする際にすぐ連絡のとれる連絡先を記載ください。
・参加動機
・参加したいチーム(第三希望まで必ず記入ください。ご希望にそえない場合があることをご了承ください。)
 第一希望     さんチーム
 第二希望     さんチーム
 第三希望     さんチーム

上記を明記して、京都府庁NPOパートナーシップセンター担当まで Eメール又はFAXで申込ください。
記事項の記入不足があった場合、お申し込みを受付できない場合もございます。
必ず、すべての事項のご記入をお願いいたします。
原則、第一部・第二部の両方にご参加いただける方のお申し込みを優先させていただきます。

担当:永見、堀部、吉永

 

〇ナレッジ×DIYとは?〜ハイセンスな知的生産+ハイレベルなスキル研修〜

さらなる地域力活動アップには、ヒトやモノ、情報や人脈などのより多くの資源が必要になります。その資源を獲得するには、多様な主体との協働や連携が重要な鍵になります。参加体験型創造会議「ナレッジ × DIY」は、個人や団体、行政との協働や連携に必要な知識やスキルを、ゲストや府庁協働コーディネーターとともに実践的に学ぶ機会と環境です。
 

詳細HP: http://www.pref.kyoto.jp/npo/psc/knowledgediy/29knowledgediy/crowdfundingmeeting2017_3rd.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.8.26京都】ナレッジ×DIY「シラベル×クラウドファンディング・ミーティング2017 3rd」 | comments(0) | - |-