Search
New Entries
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【2018.3.24大阪】朝の読書大阪交流会10「こんなにすごい!朝の読書」

日時: 2018年3月24日(土)午後1時〜4時半
場所: 八尾市立八尾図書館3階 会議室
     近鉄大阪線「近鉄八尾」駅より南西へ徒歩7分、JR大和路線「八尾」駅より北へ13分(八尾市役所向かい)
     <アクセス> https://web-lib.city.yao.osaka.jp/eachlib/yao/index.html

 

大阪の朝の読書交流会が10回目を迎えることになりました。
教師の職務の多忙化や教育内容の変化が激しい学校の事情により、年々朝の読書の実践が減っているようですが、その実践をより確かな実りのあるものにしたいと考える先生方やご理解ある市民の方々に支えられて、これまで続けてこれました。ひとえに感謝申し上げます。
   さて、朝の読書の実践に密接に結びついている場所は?と言えば、それは学校図書館ですね。
朝の読書で児童生徒が読む本を用意するために、まず学校図書館の充実は欠かせません。
そして更に、学校司書の存在が大きな役割を果たします。
今回は、朝の読書の実践をより魅力的な時間にしようと取り組んでいる八尾市中学校の、教師と司書に実践を発表していただきます。その中学校司書の竹谷さんは、大阪市内の小学校の司書も兼務され、本の選定や貸出などの図書館機能を始め、調べ学習や読書方法などでもユニークな取り組みをされています。
年度末のお忙しい時期ではありますが、先生方も司書の方も学校関係以外の方も、どうぞお誘い合わせてご参加ください。

 

内容 :

 1部 実践報告 “尾市立曙川南中学校の取り組み
     右近敬一郎さん(八尾市立曙川南中学校教諭)
     竹谷陽子さん(八尾市立曙川中学校図書館サポーター・住吉区住吉小学校図書館司書)
        ⊇撒閥莨学校での取り組み
 2部「朝の読書」の取り組みと課題 各校の実践を中心に話し合いましょう

 

代表: 山田幸和(四天王寺大学、大阪学院大学非常勤講師)
お問い合わせ・申し込み: 大阪朝の読書事務局 加藤悦代
  ☎0八0−4230−7619 mail: pecochanbook☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)
  当日参加も可能ですが、準備の都合上事前に申し込んでいただければ助かります


後援: 朝の読書推進協議会、学校図書館を考える会

 

情報元: 主催者の方

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.3.24大阪】朝の読書大阪交流会10「こんなにすごい!朝の読書」 | comments(0) | - |-
【2018.3.2京都】第218回ku-librarians勉強会「国立国会図書館出向報告:『カレントアウェアネス』編集の実際」高城雅恵氏(エネルギー科学研究科 総務掛)

日時: 平成30年3月2日(金) 18:30-20:30

場所: 京都大学附属図書館3F 共同研究室5 (一番大きい部屋です。)

    <アクセス> http://www.med.kyoto-u.ac.jp/access/access/
    ◇学外の皆様へ

     学外から参加される方は以下のとおりの手続きが必要となります。

     ご理解ならびにご協力頂きますようお願いいたします。
     1.インフォメーションカウンターにて、来館目的として「共同研究室5で開催

                される勉強会に参加します。部屋の代表者は宮田です。」とお知らせ下さい。
     2.所定の利用申請書にご記入下さい。
     3.お名前の確認できるものをご提示下さい。

     ※書庫資料もあわせてご利用の場合は身分証をご用意下さい。

 

発表者: 高城 雅恵氏 (エネルギー科学研究科 総務掛)

 

内容: 発表者は2015年度から2016年度まで、図書館・図書館情報学の情報誌『カレントアウェアネス』編集を担当しました。この発表では、『カレントアウェアネス』編集の悲喜こもごもを中心に取り上げつつ、ウェブサイト「カレントアウェアネス・ポータル」更新の舞台裏や、国立国会図書館関西館 図書館協力課調査情報係での出向生活で日々感じたこと・考えたことについて、発表者がこれまで勤務した公共図書館・大学図書館での経験と併せてご紹介したいと思います。

 

詳細HP: http://kulibrarians.g.hatena.ne.jp/kulibrarians/20180302

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.3.2京都】第218回ku-librarians勉強会「国立国会図書館出向報告:『カレントアウェアネス』編集の実際」高城雅恵氏(エネルギー科学研究科 総務掛) | comments(0) | - |-
【2018.2.17大阪】大阪市の図書館のオープンデータって何ですか?

「借りるだけではもったいない!『もっと』使える!図書館」シリーズ第4弾

 

大阪市立図書館では、昨年3月より地域資料を中心とする著作権が切れた所蔵資料の
デジタルアーカイブ画像の一部を、オープンデータとして提供しています。
現在の日本のオープンデータの動きやそもそもオープンデータとはどういうものか
基本を押さえつつ、具体的な活用事例をまじえながら、オープンデータの利活用に
ついて考えます。

 

日時: 平成30(2018)年2月17日(土)10時30分から12時(開場10時)

場所: 大阪市立中央図書館 5階中会議室

     <アクセス> http://www.oml.city.osaka.jp/info/10chuo/

 

講師:
 岡本 真(おかもと・まこと)氏
  プロフィール:1973年、東京都生まれ。アカデミック・リソース・ガイド代表取締役、
                  プロデューサー。図書館等の文化機関の整備に関わりつつ、ウェブ業界を
                  中心とした産官学連携に従事。

 堀井 洋(ほりい・ひろし)氏
  プロフィール:1973年、神奈川県生まれ。合同会社AMANE代表社員。学術資料の調査・
                 研究・保存と情報資源化に学術ベンチャーの立場から取り組む。

 

定員:  60人(参加無料・当日先着順)

 

お問い合わせ: 大阪市中央図書館利用サービス担当

 

詳細HP: http://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=jo2c9j77n-510#_510

     (チラシ)「大阪市の図書館のオープンデータって何ですか?」チラシ.pdf

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.2.17大阪】大阪市の図書館のオープンデータって何ですか? | comments(0) | - |-
【2018.3.10京都】大図研関西3地域グループ合同例会「これからの大学図書館システムを語る」

〜国内初、慶応義塾大学と早稲田大学の2020年図書館システム共同運用の背景〜

 

 現在、大学図書館システムは2020NACSIS-CAT/ILLとの関係や電子ジャーナル等に代表される電子コンテンツ管理の課題もあれば、既存国内ベンダーの図書館システムとは明らかに違うProQuest(ExLibris)のAlmaやEBSCOのFOLIOなど海外では次世代の図書館システムの動きなどがあり、この先をどう読み取るかが重要になってきています。
  そうした中で、2017年5月12日慶応義塾大学三田キャンパスにおいて慶應義塾大学メディアセンターと早稲田大学図書館による図書館システムの共同運用に向けた覚書が締結されました。
  いったい何を考え、何に狙いを定めて2020年の大学図書館システムを構築しようとしているのか?そして、その先をどう描いているのか?

 慶應義塾大学メディアセンターの入江氏が考える次期大学図書館システムの姿についてたっぷり語ってもらいます。

 

日時: 2018年3月10日(土)13:30-17:00 (13:15開場)
場所: 京都市国際交流会館 第1・2会議室
     <アクセス> http://www.kcif.or.jp/HP/access/jp/index.html

講師: 入江 伸 氏(慶應義塾大学メディアセンター)
 参考文献:入江伸「KOSMOSと業務改革の経緯」『MediaNet』24(2017)
 http://www.lib.keio.ac.jp/publication/medianet/article/pdf/02400600.pdf 

 

タイムスケジュール:

 13:15-開場

 13:30-開会の挨拶(京都地域グループ長)

 13:35-企画趣旨説明と本日の進行について(司会)

 13:40-「これからの大学図書館システムを語る」 入江 伸 氏(慶應義塾大学メディアセンター)

 15:40-休憩

 15:50-質疑応答

 16:30-閉会と事務連絡

 16:40-片付け

 17:00-撤収完了

 17:30-親睦会

 

参加費: 会員無料 非会員500円

申込方法: こちらのフォームからお申し込みください

申込締切: 2018年3月3日(土)17:00

その他: 終了後、懇親会を予定しています(実費負担)

 

主催: 大学図書館問題研究会関西3地域グループ合同例会


詳細HP: https://www.daitoken.com/kyoto/event/20180310.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.3.10京都】大図研関西3地域グループ合同例会「これからの大学図書館システムを語る」 | comments(0) | - |-
【2018.2.18兵庫】交流会「学びと出会いを広げる学校図書館」

学校司書、市民それぞれの立場から学校図書館について情報交換や意見交流 をしましょう。実演・工作もお楽しみに!

日時: 2018 年2 月18 日(日)13:00〜16:30(受付 12:30〜)
会場: 灘中学校・灘高等学校
     〒658-0082 神戸市東灘区魚崎北町8丁目5番1号
     <アクセス> http://www.nada.ac.jp/access.html

プログラム:
 1.実演  ストーリーテリング・読み聞かせ (こうべ子ども文庫連絡会)

 2.報告  大阪市の挑戦〜人が配置された 3 年間

           (大阪市学校図書館補助員コーディネーター 本橋範子さん)
 3.実技工作ほか 実技工作「犬のパペット」

           作り方紹介 「ハンカチのマリオネット」 「あずまぶくろ」 (西宮市立夙川幼稚園 植山千賀子さん)

           ※工作で使用しますので、はさみをお持ちください。
 4.情報交換・意見交流    兵庫県内をはじめ各自治体の学校司書配置の現状と問題点など
 

参加費無料、定員 50 名(先着順)

お申し込み: gakutohyogo2015☆gmail.com(☆を@に変えてください)

締め切り: 2018 年2 月11 日


≪こうべ子ども文庫連絡会とは≫ 

1993 年に発足し現在の会員数は約120 名です。子ども文庫や地域のおはなし会で活動する14 の グループ会員と個人会員で構成されています。活動内容は学習会(講演会、研究会)の開催、ボランテ ィア活動(小学校で授業時間におはなし会、中央図書館と共催で夏休み特別おはなし会)、会報の発行、 公共機関への働きかけ(神戸市学校司書に関する要望書を市長宛てに提出)などです。詳しくはHPを ご覧ください。

こうべ子ども文庫連絡会  http://www.geocities.jp/kobekodomobunko/
 

≪学図研兵庫支部とは≫ 

学校図書館問題研究会は1985 年に神戸で結成され、学校司書を中心に教師・公共図書館司書・市 民・研究者などからなる研究団体です。現在全国に約700 名います。毎年夏に全国大会を各地で開催す るほか、月刊「学図研ニュース」を発行しています。兵庫支部でも、毎月神戸・阪神間で例会を開いて 学習・研修を積んでいます。また月刊で支部報「ぼちぼちタイムズ」を発行し、会員の情報交流をして います。学校図書館に関心のある人なら誰でも入会できます。ぜひ私たちと一緒に学びませんか?

学図研全国事務局  http://gakuttoken.net/ 兵庫支部 http//www.geocities.jp/gakuto_hyogo
 

主催: 学校図書館問題研究会兵庫支部・こうべ子ども文庫連絡会

情報元: 主催者の方
関係HP: http://www.geocities.jp/gakuto_hyogo/

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.2.18兵庫】交流会「学びと出会いを広げる学校図書館」 | comments(0) | - |-
【2018.3.3-4大阪】学校図書館問題研究会 近畿ブロック集会

2018.2.12情報更新。

 

学校図書館問題研究会(学図研)は、全国の学校図書館に関わる教職員や関心のある人 たちが集う研究団体です。 2017 年度の学図研近畿ブロック集会は、早春の北大阪で開催いたします。参加は会 員・会員外を問いません。また近畿圏の方でなくてもご参加いただけます。ぜひ、多くの 学びを共有しましょう!交流しましょう!たくさんのご参加、お待ちしています。

 

2018年3月3日(土)14:00〜16:30(受付13:30〜)
  「大阪府豊中市立図書館の学校図書館支援について」
   報告者:内川育子(豊中市立岡町図書館団体貸出担当)
   *交流会 17:30〜20:00(要参加費)
2018年3月4日(日)9:30〜12:00(受付9:00〜)
  「大阪府箕面市立小学校図書館の実践について」
   報告者:箕面市の学校司書
   *箕面市立第三中学校図書館の見学 13:00〜14:00

 

会場: )中市立岡町図書館

    ¬面市立西南小学校図書館

 

内容:

1大阪府豊中市立図書館の学校図書館支援について

  報告者:内川育子さん(豊中市立岡町図書館団体貸出担当)

 学校図書館が日々の授業を支援し、きちんと資料提供できるためには、公共図書館の支援は欠かせません。豊中市の公共図書館は、学校図書館の支援を大きな使命としています。「とよなかブックプラネット事業」の概要とともに、図鑑や百科事典、調べ学習
パックの貸出や、教員支援用資料のこと、また、それらを届ける物流システムなど、具体的な活動をお伝えします。また、実際に団体貸出し室も見ていただきます。 
 
2大阪府箕面市立小学校図書館の実践について

  報告者:箕面市の学校司書 

 2016 年の岐阜大会では、箕面市の中学校における授業での活用を中心とした実践について報告しました。しかし、子どもたちは急に中学生になるのではありません。小学校で、本の分類を学び、図鑑や百科事典の使い方などの利用教育の積み重ねが必要です。
「小学校の実践を中学校にどうつなげていくのか」を考える機会になればと思います。
  ※※オプション・午後1時〜2時 箕面市立第三中学校図書館の見学 (西南小学校と隣接しています)

 

参加費: 会員は無料、会員外は資料代100円

交流会: 岡町図書館周辺で探しています(参加費 4000 円程度) 。

 

申込み: habu_kiyo☆yahoo.co.jp(羽深 はぶか)(☆を@に変えてください)まで、メールでお申込みください。

  1、 お名前と勤務校または所属 2、 連絡先(メールアドレスなど連絡のとりやすい手段をお書きください) 3、 学図研会員か会員外かの別 4、 両日参加か、一日参加(3 日か 4 日かの明記を)の別 5、 交流会とオプション参加の有無       を明記してください。

〆切: 2018 年 2 月 25 日(日)

宿泊: 今回は支部からの斡旋はありません。必要な方は各自でお探しください。

 

主催・問い合わせ先: 学校図書館問題研究会大阪支部


情報元HP: http://www.iiclo.or.jp/03_event/04_other/index.html?utm_source=submitmail&utm_medium

       関係者の方

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.3.3-4大阪】学校図書館問題研究会 近畿ブロック集会 | comments(0) | - |-
【2018.2.8京都】同志社大学図書館司書課程講演会「図書館における経営戦略とイノベーション」

日時 :  2018年2月8日(木) 13:00〜15:00
会場 :  同志社大学今出川キャンパス良心館RY105教室

    <アクセス> https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html


講師 :  小泉 公乃 氏(筑波大学図書館情報メディア系・助教 )

 

図書館経営は20世紀初頭から経営学と共に発展してきた。
  経済の後退と技術の革新によって社会が大きく変わりつつある現代では,図書館経営においてもさらなるイノベーションが求められている。
  しかし図書館経営を学習・経験する機会は限られ,かつ図書館長への異業種からの登用も進み,図書館の理念・理論を理解した上で経営ができる人材は不足している。
  そこで本講演では,これまでの図書館経営におけるイノベーションを概観し,最新の動向を解説した上で,あるべき図書館経営の姿を共に考え,学ぶ機会としたい。

 

参加費 :  無料
申込み :  不要
主 催 :  同志社大学図書館司書課程

 

情報元: https://twitter.com/archivist_kyoto/status/959274794423209984

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.2.8京都】同志社大学図書館司書課程講演会「図書館における経営戦略とイノベーション」 | comments(0) | - |-
【2018.2.13大阪】公開講座 やっぱり図書館が大事Part26 図書館で探そう『未来へのとびら』

大阪府子ども文庫連絡会(大子連)児童文化講座「本・こども・・おとな」

 

図書館は、知の拠点であり、民主主義の「知の砦」、文化のバロメーターであるといわれています。その運営体制などについては、様々なメディアで大きく取り上げられ、図書館のあり方について議論がされるようになりました。今回は、指定管理から市の直営に戻った福岡県小郡市立図書館の前館長・永利和則氏に、図書館での様々な取り組みについて、地域や市民が望む図書館とはどういうものなのかなどお話を伺います。
午後の交流会では、各地域の図書館の取り組みなど情報交流します。どうぞご参加ください。

 

日時: 2018年2月13日(火)10:00〜15:00

会場: 大阪市立中央図書館

    <アクセス> http://www.oml.city.osaka.lg.jp/?page_id=292

 

内容: 

 第1部 講演会 10時から12時(開場9時45分)

  講師 永利 和則 氏(福岡女子短期大学特任教授・前福岡県小郡市立図書館長)
  定員 250名(当日先着順)
  会場 大阪市立中央図書館5階 大会議室

 第2部 交流会 13時から15時
  定員 60名(当日先着順)
  会場 大阪市立中央図書館5階 中会議室

 ※参加費無料 資料費100円

 

問い合わせ: 大阪市立中央図書館


主催: 大阪府子ども文庫連絡会
共催: 大阪市立中央図書館
後援: 大阪府教育委員会

 

情報元HP: http://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=jolfvs515-510#_510

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.2.13大阪】公開講座 やっぱり図書館が大事Part26 図書館で探そう『未来へのとびら』 | comments(0) | - |-
【2018.1.27京都】戦前・戦中・戦後の絵本−あのころ、こんな子どもの本があった−

日時: 2018年1月27日(土)13:30〜15:30

場所: しんらん交流館 大谷ホール〔京都市〕

    <アクセス> http://www.higashihonganji.or.jp/worship/kohryu-kan/

 

講師:  正置友子氏(青山台文庫・絵本学研究所主宰)


参加費: 有料
申し込み: 必要

 

主催・問い合わせ先:  京都家庭文庫地域文庫連絡会

 

HP: http://kyotobunkoren2016.web.fc2.com/index.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.1.27京都】戦前・戦中・戦後の絵本−あのころ、こんな子どもの本があった− | comments(0) | - |-
【2018.2.2大阪】専門図書館協議会 平成30年新春講演会・交流会(関西地区)

日時: 平成30(2018)年2月2日(金)午後3時〜4時30分(質疑応答を含む)
会場: 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター) 4階 大会議室1
     (〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目3番49号)
           <アクセス> http://www.osaka.cci.or.jp/Shoukai/Map_Tel/shozaichi.html


講演: 「情報便利屋」となるために〜利用者が満足するサービスを目指して〜
経団連ライブラリーで長年活躍された村橋勝子氏から、その著書『情報便利屋の日記:専門図書館への誘い』(樹村房)にも書かれたご自身の体験を基に、優れた専門情報サービスを提供するための「経験知」をお話しいただきます。

 講師: 村橋 勝子氏
<講師紹介>
1966年(社)経済団体連合会(経団連)事務局入局。図書館部調査役、年史グループ長、情報メディアグループ長を経て、2009年退職。専門図書館協議会顧問。社史研究の第一人者で、関西では「ビーバップ!ハイヒール」(朝日放送)に「カシコブレーン」として出演している。
著書に『社史の研究』(ダイヤモンド社)、『にっぽん企業家烈伝』『カイシャ意外史―社史が語る仰天創業記―』(日本経済新聞出版社)などがある。

 

交流会: 午後5時から レストラン ゆいま〜る(ドーンセンター1階)

参加費: 講演会、交流会ともに無料

締切: 平成30(2018)年1月22日(月)

申込方法:
 ●メールの場合は、件名「講演会・交流会(関西地区)申込」とし、下記項目を記入して、
 jsla☆jsla.or.jp(☆を@に変えてください)へお送りください。
 1.所属機関及び部署名
 2.講演会参加者氏名
 3.交流会参加者氏名
 4.※連絡先メールアドレス
 (受講に就いてのご連絡をする場合がありますので、必ずE-mailアドレスをご記入下さい。)
 ●FAXの場合は、下記HPより申込書をダウンロードして必要事項をご記入のうえ、お送りください。
 ●ホームページからのお申込みは下記HPフォームよりお願い致します。
 
連絡: 折り返し“申込受付”の返信メールをお送り致します。

その他:
 定員は60名(先着順に受付いたします)、1機関より複数のご参加を歓迎致します。

 ○ 活発に交流していただけますよう、名刺は多めにご用意ください。

 

お問合せ先: 専門図書館協議会事務局

 

詳細HP: http://www.jsla.or.jp/h30-shinnen-kansai/

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.2.2大阪】専門図書館協議会 平成30年新春講演会・交流会(関西地区) | comments(0) | - |-