Search
New Entries
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【2017.7.28大阪】丸善雄松堂アカデミックセミナー2017(大阪会場)「大学組織としての図書館のあり方−大学改革への貢献」

日時: 2017年7月28日(金)14:00〜17:20 (受付開始13:00〜)

場所: 大阪新阪急ホテル 2階「紫の間」

     大阪府大阪市北区芝田1-1-35 地図

     <アクセス> https://www.hankyu-hotel.com/hotel/osakashh/access/index.html

 ※福岡、東京会場あり。

 

参加費: 無料(懇親会も無料)

定員: 80名

 

プログラム:

14:00〜14:10 開催挨拶 丸善雄松堂株式会社 代表取締役社長 松尾 英介
14:10〜15:00 基礎講演『大学図書館を巡る環境の変化とその機能強化』 文部科学省
 研究振興局 学術基盤整備室長 丸山 修一様
15:00〜15:50 特別講演機悄崔気后廖崙匹燹廚ら「書く」もサポートへ(仮題)』 岡山大学
 附属図書館事務部長 大元 利彦様
休憩(30分)
16:20〜17:10 特別講演供愨膤愎渊餞曚砲ける知の集積と利活用〜IR機能との連動を目指して』 名城大学
 経営本部 総務部/情報センター 事務部長 越立 政彦様
17:10〜17:20 閉会挨拶 丸善雄松堂株式会社 取締役 千葉 雅之
17:30〜 懇親会

 ※サービス紹介展示時間 13:00〜16:20

 

セミナー事務局:

 丸善雄松堂株式会社 学術情報ソリューション事業部
 電子・ソリューションセンター ソリューション営業推進部 セミナー担当

 

詳細HP: http://yushodo.maruzen.co.jp/edu/solseminar2017/

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.7.28大阪】丸善雄松堂アカデミックセミナー2017(大阪会場)「大学組織としての図書館のあり方−大学改革への貢献」 | comments(0) | - |-
【2017.8.7-8京都】学校図書館夏期セミナー(京都)

テーマ: 主体的・対話的で深い学びと学校図書館

趣旨: グローバル化や人工知能の進歩など、これまで以上に予測できない社会の急速な変化に対応できる、思考力・判断力・表現力等をもった人材の育成が求められています。児童生徒の力が生涯にわたって生きるような力を身につけさせるためには、学校教育という視点だけでなく、生涯教育まで見通し、教育委員会が、学校が、司書教諭や学校司書を含むすべての教職員が個々に、何をすべきなのか考えていくことが必要です。学校図書館からカリキュラムマネージメントを考えていくと、やはり教育課程全体を見通すことになります。構造的な見方をした場合、校種を越えた連携なども考えながら教育課程を見ることも必要になってきます。
  このセミナーでは、今求められている資質・能力の育成等も勘案し、「主体的・対話的で深い学びと学校図書館」をテーマに、記念講演、講義、実践発表及び討議等の分科会を組んでおります。学校司書の養成研修については、大学等でもその研修が企画され、実施されているところもあります。学校図書館専門の研究・運動団体である当会としましても、「学校司書養成講座」を企画検討しております。そこで、学校司書養成を見据えた分科会テーマも盛り込みました。
  初めての試みとして、様々な本を実際に活用している学校等と本の作り手側が、直接顔を合わせてお互いの意見や感想などを交流する「出版社の方と語る会」を、出版社の皆様のご協力の下企画することができました。学校図書館の蔵書構成や児童生徒に本を手渡すときの一助になれば思います。

 

期日: 2017年8月7日(月)〜8日(火)

会場: 京都産業大学(神山ホール・サギタリウス館)
     603-8555 京都府京都市北区上賀茂本山

     <アクセス> https://www.kyoto-su.ac.jp/access.html

      ※会場へは、公共の交通機関を利用してお越しください

 

参加者: 学校図書館に関心のある方はどなたでも参加できます。

定員: 300名

 

日程:

第1日目(2017年8月7日(月))
 9:00〜 受付
 9:30〜 開会式
 9:50〜 (報告)学校図書館の現状と課題
 10:45〜 記念講演
 13:45〜 分科会1
 15:15〜 分科会2
 17:00〜 出版社の方と語る会〔希望者〕(〜17:45)

第2日目(2017年8月8日(火))
 8:30〜 受付
 9:00〜 分科会3
 10:45〜 分科会4
 13:15〜 分科会5
 15:00〜 閉会式(〜15:30)
 16:00〜 学校図書館視察〔希望者〕(〜17:00)

 

記念講演「子どもの本で多様な価値観を考える」 講師:さくまゆみこ氏

※その他、詳しい日程や各分科会の内容は、 ▼要項 をご確認ください。

 

参加費: 4,000円 資料代含む

宿泊: 宿泊の斡旋はいたしません。京都市内や近隣地区のホテル等をご利用ください。

昼食: お弁当を斡旋いたします。お申し込みの際に、申込書にその旨ご記入ください。

参加申込み:

•申込受付開始:2017年5月26日(金)
•先着順に受け付けます。申込書には、分科会の第1希望と第2希望を必ずご記入ください。
•下記申込書をダウンロードし、ご記入の上、FAXまたはE-mailの添付でお送りください。
•参加費・弁当代の合計金額を郵便振替で送金してください。ご入金を確認後、申込受領書等を郵送いたします。なお、振替用紙は、本事務局に届くまで1週間ほどかかりますので、お早めに送金してください。
•定員に達しましたら締め切ります。申込状況は、このページ上でお知らせいたします。キャンセル等で空席があればお受けいたしますので、電話でご確認ください。
•各分科会の御希望が定員を超えた場合は、お申し込み順になります。ご了承ください。申込状況は、このページ上でお知らせいたします。

 

・記念講演、分科会1-Eについては、その部分だけの参加が可能です。 ※事前申込不要
  それぞれ、当日参加受付で参加費(各1,000円)をお支払いのうえご参加ください。

 

お問い合わせ:

 公益社団法人全国学校図書館協議会 研究部 竹村・井藤・米谷

 

主催: 公益社団法人全国学校図書館協議会 ・ 京都府学校図書館協議会

後援: 文部科学省 ・ 京都府教育委員会 ・ 京都市教育委員会(いずれも申請中)

協力: 京都市小学校図書館研究会OB会

 

詳細HP: http://www.j-sla.or.jp/seminar/2017kaki-seminar.html

     (PDF) http://www.j-sla.or.jp/pdfs/seminar/19thkakiseminar.pdf

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.8.7-8京都】学校図書館夏期セミナー(京都) | comments(0) | - |-
【2017.7.8大阪】blackbird books 3周年記念トークイベント「夏葉社が読んできたもの 聴いてきたもの」

日時: 2017年7月8日(土)17:00〜18:30

場所: blackbird books(大阪府豊中市寺内2-12-1 緑地ハッピーハイツ1F)

    <アクセス> http://blackbirdbooks.jp/?mode=f6

 

bbb3周年を記念して、あの人がまたやって来ます。

1周年記念イベントにも登壇して下さった夏葉社島田潤一郎さん。

店主が愛して止まない夏葉社の本をお一人で出版されています。

2年前のトークイベントが終わった帰り道に島田さんにはこう仰って頂きました。

「bbbにはいいお客さんがたくさんいらっしゃるんですね。3周年も呼んでください」

そんなわけで、何とか3周年。夏葉社の島田さんが再びやって来ます。

前回は一人で出版社をすること、一人で書店をすることについてお話しましたが、今回は島田さんが

「読んできたもの、聴いてきたもの」について。

あの素晴らしい夏葉社の本の数々が生まれた背景には島田さんがこれまで読んできた本や、聴いてきた音楽の影響があるはずです。

プルースト、村上春樹、ビートルズ、ビーチボーイズにサニーデイ・サービス、そして「昔日の客」

当日は本を読み、音楽を耳を傾け、島田さんにお話して頂こうと思います。

また、今回は「島田文庫」と題し店内にて1週間、島田さんの蔵書を棚に並べ古本として販売致します。

夏葉社の背景を皆様と共有出来ればと思います。どうぞお楽しみに。

夏葉社の本はこちらからお買い上げいただけます。

 

参加費: 1000円 「季節といなり 豆椿」のおいなりとお茶のセット付

定員: 20名

ご予約は店頭、お電話、メール(人数、ご連絡先を明記ください)にて受け付けております。

 

詳細HP: http://free.blackbirdbooks.jp/info/908.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.7.8大阪】blackbird books 3周年記念トークイベント「夏葉社が読んできたもの 聴いてきたもの」 | comments(0) | - |-
【2017.7.1兵庫】ことば蔵開館5周年記念シンポジウム

図書館のいまを見つめ、未来の図書館について考えます。

「ライブラリー・オブ・ザ・イヤー」の選考委員で図書館専門誌などを発行する「アカデミック・リソース・ガイド」代表取締役の岡本真さんが、市民と行政、図書館員が協働して、日々の小さな実践を通して図書館の魅力を引き出す方法を全国の図書館の具体例から紹介。地域を変えて人を育てる「未来の図書館」へと向かう道を一緒に考えます。


日時: 平成29年7月1日(土)14時開催
場所: 伊丹市立図書館ことば蔵1階交流フロア
    <アクセス> http://www.city.itami.lg.jp/SOSIKI/EDSHOGAI/EDLIB/event/eventlist/1496803769841.html

内容:
 第1部 14時00分〜 記念講演「未来の図書館、はじめませんか?」

 第2部 15時30分〜 交流フロア運営会議「未来のことば蔵」

 

参加方法: 参加料・申し込み不要でどなたでも参加できます。


お問い合わせ先: 伊丹市教育委員会事務局生涯学習部 市立図書館「ことば蔵」(交流事業・貸室担当)


詳細HP: http://www.city.itami.lg.jp/SOSIKI/EDSHOGAI/EDLIB/event/eventlist/1496803769841.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.7.1兵庫】ことば蔵開館5周年記念シンポジウム | comments(0) | - |-
【2017.7.29大阪】国際講演会「タンザニアの絵本作家 ジョン・キラカ 自作を語るーバオバブの木の下で」

ジョン・キラカさんはアフリカのタンザニア出身の絵本作家です。ティンガティンガ・アートという手法を使って絵を描き、スイス、ドイツ、スウェーデン、アメリカなど多くの国で翻訳作品が出版されています。

キラカさんをお招きし、国際講演会および小学生向けワークショップ」を開催します。ぜひご参加ください!

(小学生向けワークショップ「タンザニアの絵本作家 ジョン・キラカさんと絵本をつくろう」については、リンク先をご参照ください。)

 

日時: 平成29年7月29日(土曜日) 午後1時から4時まで(12時30分開場)

場所: 大阪府立中央図書館 2階大会議室

            <アクセス>https://www.library.pref.osaka.jp/site/central/new-map.html

 

講 師: ジョン・キラカさん、ジョン・キラカ氏(John Kilaka)

 タンザニアの絵本作家、画家、ストーリーテラー。1966年タンザニア南西部に生まれる。農業、狩猟、漁業に従事した後、画家の仲間とともに「ヴィレッジ・ミュージアム」という工房でティンガティンガという手法で芸術活動をしている。初めての絵本『チンパンジーとさかなどろぼう』(若林ひとみ/訳 岩波書店 2004年6月)をスイスの出版社から刊行。『いちばんのなかよし』(さくまゆみこ/訳 アートン 2006年7月)で2005年ボローニャ国際児童図書展ニューホライズン部門でラガッツィ賞を受賞。

チンパンジーとさかなどろぼう いちばんのなかよし

 『チンパンジーとさかなどろぼう』(ジョン・キラカ/作 若林ひとみ/訳 岩波書店 2004年6月)
 『Gute Freunde』(John Kilaka/by Baobab Books,2004)

 

定員: 80人(中学生以上)【申込先着順】

参加費: 1000円

 

申込受付期間: 平成29年7月1日(土曜日)〜7月28日(金曜日)
     来館、ファックス、インターネットでお申し込みください。

  ※申込者多数の場合は先着順とし、期日前でも申込みを締め切らせていただきます。

 

主催: 大阪府立中央図書館、一般財団法人 大阪国際児童文学振興財団

協賛: サントリーホールディングス株式会社、パナソニック株式会社、株式会社富士通システムズアプリケーション&サポート、ムサシ・アイ・テクノ株式会社

 

問い合わせ先: 大阪府立中央図書館 国際児童文学館

 

詳細HP: http://www.library.pref.osaka.jp/site/jibunkan/event2017.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.7.29大阪】国際講演会「タンザニアの絵本作家 ジョン・キラカ 自作を語るーバオバブの木の下で」 | comments(0) | - |-
【2017.8.26-27大阪】TP&Dフォーラム2017(第27回整理技術・情報管理等研究集会)

本フォーラムは、図書館分類法、Indexing論、情報検索、情報管理、目録法などの研究領域に関する研究発表および討論、そして全国の研究者の交流の場の提供をその趣旨としています。
27回目となる本年は、大阪にて開催予定です。多くのみなさまのご参加を期待しています。

 

日時: 2017年8月26日(土)13時〜27日(日)12時ころ
会場: 大阪コロナホテル
     大阪市東淀川区西淡路1丁目3番21号
     JR東海道線または東海道新幹線「新大阪」駅・東口徒歩約5分
     <アクセス> http://osakacoronahotel.co.jp/access.html

宿泊: 大阪コロナホテル(会場と同じ)

 

発表者・論題: 
 一日目 ■セッション1

  高橋安澄氏(株式会社図書館流通センター)「TRC MARCの構築:現状と新NCRに向けて」
  司会者 藤倉恵一氏(文教大学)
     ■セッション2

  田代篤史氏(国立国会図書館)『「日本目録規則2018年版」(仮称)の適用の意義と課題』
   司会者 田窪直規氏(近畿大学)
  二日目 ■セッション3

   吉本龍司氏(株式会社カーリル)「図書館書誌の継続的クラスタリングの実践」
     司会者 兼宗進氏(大阪電気通信大学)

 

ご参加について:

 参加費:20,000円(一般)
  ※ 参加費には、宿泊費および懇親会費、後日発行される論集の代金等が含まれています。
  ※ 学割,部分参加設定あり。詳しくはお問合せください。
  ※ 宿泊は、3人毎の男女別相部屋です。シングル希望の場合は別途料金が必要です。
 募集定員: 40名
 募集締切: 2017年8月5日(土)(締切前でも定員超過等でお断りする場合があります)
 申込方法: 氏名、性別、勤務先、連絡先住所、電話、e-mailアドレスを明記の上、
   申込先アドレス (tpdforum☆gmail.com(☆を@に変えてください)) に送信して下さい。
  なお,メール送信後1週間経過しても当方より返事がない場合はメール不達
  の可能性があります。再度の送信をお願いいたします。
  ※お届け頂いた個人情報は,フォーラムに関する連絡および論集送付以外では使用いたしません。

 連絡・申込・問合先: TP&Dフォーラム2017実行委員会

 

主催: TP&Dフォーラム2017 実行委員会共催:私立大学図書館協会東地区部会研究部分類研究分科会後援:情報科学技術協会、日本図書館協会、日本図書館研究会、日本図書館情報学会、情報知識学会

 

詳細HP: http://tpd.eplang.jp/index.php?%A5%D5%A5%A9%A1%BC%A5%E9%A5%E02017

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.8.26-27大阪】TP&Dフォーラム2017(第27回整理技術・情報管理等研究集会) | comments(0) | - |-
【2017.9.8京都】平成29年度資料保存研修

国立国会図書館では、国内の図書館員等を対象に、資料保存に関する基礎的な知識と技術の習得を目的として、下記のとおり資料保存研修を実施します。

 

日時: 平成29年9月8日(金)9時30分〜16時30分
場所: 国立国会図書館関西館 第3研修室(京都府相楽郡精華町精華台8-1-3)
    <アクセス> http://www.ndl.go.jp/jp/service/kansai/guide/route.html

 ※東京本館でも同内容あり。

 

内容: 講義と実習
  講義:「図書館資料の保存」
   図書館における「利用のための資料保存」の基本的な考え方について、講義を行います。
  実演:「簡易帙を作る」
   図書館資料を保護するための保存容器作成の実演を行います。
  実習:(1)「簡易補修」、(2)「無線綴じ本を直す」、(3)「外れた表紙を繋ぐ」
   図書館資料の軽微な破損を直すための実習を行います。
 *資料保存研修の最新テキストは研修・保存フォーラムのページをご覧ください。

 

持ち物: えんぴつ、エプロン

参加費: 無料

対象: 国内の公共図書館、大学図書館、専門図書館等に勤務する者

定員: 16名

 ※1機関からのお申込みは1名までとし、申込多数の場合は調整させていただきます。

 

申込: 平成29年7月3日(月)9時から7月19日(水)17時までに、参加申込みページからお申込みください。


問い合わせ先:  国立国会図書館 収集書誌部 資料保存課

 

詳細HP: http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/preservation/coop/training_h29.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.9.8京都】平成29年度資料保存研修 | comments(0) | - |-
【2017.8.18京都】平成29年度全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会

学校図書館や公共図書館などの職員を対象に、平成29年度全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会を、国立国会図書館の東京本館および関西館で開催します。

この研修会では、全国書誌データをご利用いただくための具体的な方法と、レファレンス協同データベースの概要や事業に参加する利点をご紹介し、全国書誌データを用いた文献リストの作成や、レファレンス協同データベースへのデータ登録を実際に体験していただきます。

目録作成や文献リスト作成などの書誌に関わる業務の効率化、レファレンス業務の改善に興味がある方などにおすすめの研修となっています。ぜひご参加ください。


日時: 平成29年8月18日(金)13:00〜17:00(受付12:30〜)
会場: 国立国会図書館関西館1階 第1研修室
               <アクセス>http://www.ndl.go.jp/jp/service/kansai/guide/route.html
     ※東京本館会場は、7月28日(金)に開催。

  参加費は無料です。
  両会場共、希望者を対象に研修会終了後に交流会を行います(1時間程度、無料)。

対象・定員:
 •全国書誌データまたはレファレンス協同データベースの利活用に関心のある公共図書館、学校図書館などの職員を主な対象とします。
 •定員は各会場各30名です。原則として1機関につき1名を先着順に受け付けます。

内容: 講義・実習
 •全国書誌データ 特徴、利用方法と利活用事例紹介
 •レファレンス協同データベースの概要・利用方法と利活用事例紹介
 •全国書誌データの利用(書誌データの検索・リスト作成)とレファレンス協同データベースのシステム体験を連携させた実習

 

申込方法: 申込フォームからお申込み下さい。
申込締切: 平成29年8月11日(金)
 申込受理のお知らせを、原則として3日以内(土日祝日を除く)にinfo-crd@ndl.go.jp(@は半角)からお送りします。

 申込受理のお知らせメールの送信をもって受講確定としますので、返信のない場合は、下記の問合せ先までご連絡ください。

問合せ先: 国立国会図書館関西館 図書館協力課 協力ネットワーク係
主催: 国立国会図書館


詳細HP: http://crd.ndl.go.jp/jp/library/guidance_04.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.8.18京都】平成29年度全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会 | comments(0) | - |-
【2017.6.17大阪】シニアと図書館サービス:認知症にやさしい図書館とは? by 阪大 Part

日時: 2017年6月17日(土)14:00〜17:00

場所: 中之島フェスティバルタワー(大阪市北区中之島2-3-18)

    <アクセス> https://www.festival-city.jp/

 

皆さま、2017年6月17日(土)午後に大阪市の中之島フェスティバルタワー(朝日新聞の大阪本社のあるビル)12階「アサコムホール」にて、大阪大学主催の「認知症にやさしい図書館」ワークショップの第三回目を開催します。詳細は添付の資料をご覧ください。図書館関係者、地域づくりの関係者を中心に参加者申込み(〜6月15日)を受け付けております。どうぞお気軽にお申し込みを!また関西在住の身近な方で関心を持ちそうな方にお心当たりがある方は、是非情報を回しておいてください。【記:DFJI/河上】

 

 「共創空間の明日へ」
●地域住民に最も身近な施設である図書館。その図書館で、最近認知症と思われる方の利用が増えてきている。
●団塊世代が75歳以上となる「2025年問題」、高齢者や認知症にやさしい地域づくりが今こそ求められている。
●私たちにできるそんな地域づくりとは何か? 医療、介護、図書館、行政等々、関係者みんなで知恵を出し合う地域づくり。
⇒ 予算や人員が厳しい中、動き始めている図書館の取組事例を聞いてみよう!
 事例 嵜渊餞曚砲ける回想法の取組」
    (京都市醍醐図書館副館長 井上典子/司書)
 事例◆崘知症の人にやさしいまちづくり」
    (生駒市地域包括ケア推進課課長 田中明美/保健師)
【特別参加】
 呑海沙織 (筑波大学図書館情報メディア系)

 

 対象:図書館、行政関係者を中心(最大60名)

 

【申込方法】:library2016kansai☆gmail.com(☆を@に変えてください)
 上記メールアドレスに件名に「認知症図書館参加」として、
  〇疚勝´⊇蠡亜,魑入し、6月15日(木)までにメールで
 ご連絡ください。事前に人数把握をさせていただきます。
  ※懇親会:17時半〜(@同じ建物内のレストラン)
            事前申込み懇親会費:最大4000円

 

詳細HP: (Facebook) https://www.facebook.com/events/1041506782651414/?ti=icl

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.6.17大阪】シニアと図書館サービス:認知症にやさしい図書館とは? by 阪大 Part | comments(0) | - |-
【2017.6.23、6.26大阪】映画「君の膵臓をたべたい」棚づくりコンテストと図書館司書限定試写会(大阪)

東宝株式会社宣伝部は、映画「君の膵臓をたべたい」公開(7月28日)にあたり、「キミスイ」棚づくりを盛り上げるコンテストを開催する。7月1日投稿フォーム公開予定。コンテスト開催に伴い、映画の理解を深めていただく機会として全国5か所で図書館司書限定試写会を実施する。

 

日時: 2017年6月23日(金)19:00開映(18:30開場)

    2017年6月26日(月)19:00開映(18:30開場)

場所: 東宝マーケ関西営業所(大阪市北区茶屋町19番19号 アプローズタワー11F)

    <アクセス> http://www.toho-marketing.jp/aboutus/office.html

 ※東京、名古屋、福岡、北海道会場あり。


*試写会場で「原作リコメンドカード」「映画リコメンドカード」配布。
*各図書館につき、2名様までの申し込みとさせていただきます。

 

*試写会参加希望の方は、希望場所と希望日時をご記載の上、下記までご連絡ください。

 満席の場合はお断りする場合があります。会場地図等詳細は受付完了後に下記から連絡します。

 

申込先: 東宝株式会社 宣伝部 福田/菊池
メールアドレス: kimisui-library_at_toho.co.jp

 

詳細HP: http://www.jla.or.jp/calendar/tabid/92/Default.aspx#kimisui

               (PDF) http://www.jla.or.jp/Portals/0/data/content/information/kimisui.pdf

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2017.6.23、6.26大阪】映画「君の膵臓をたべたい」棚づくりコンテストと図書館司書限定試写会(大阪) | comments(0) | - |-