Search
New Entries
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
お知らせ

リブヨTOPページはこちらです。

※この記事より上の記事はカレンダーに反映されていません。

posted by: リブヨ | つぶやき | お知らせ | comments(0) | - |-
休止【2020.3.28大阪】図書館サービス研究グループ研究例会〈2020年3月研究例会〉「ネット時代,公共図書館は時事情報をどのように提供するのか?(仮題)」石橋進一氏(同志社女子大学非常勤講師)

2020.3.26情報更新。→休止となりました。

 

日時: 2020年3月28日(土)10:00〜12:00
場所: 大阪府立中之島図書館別館2階
     大阪市北区中之島1丁目2-10
     地下鉄御堂筋線/京阪電鉄「淀屋橋」駅車,1番出口から徒歩約5分
     <アクセス> http://www.library.pref.osaka.jp/site/nakato/n-chizu.html

 

テーマ: ネット時代,公共図書館は時事情報をどのように提供するのか?(仮題)
発表者: 石橋 進一氏(同志社女子大学非常勤講師)


(2019年度図書館を学ぶ相互講座第12回との共催)

連絡先: 中村恵信(神戸松蔭女子学院大学)・メール:toshokanhoushi☆yahoo.co.jp (☆を@に変えてください)


詳細HP: http://www.nal-lib.jp/groups/news.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 休止【2020.3.28大阪】図書館サービス研究グループ研究例会〈2020年3月研究例会〉「ネット時代,公共図書館は時事情報をどのように提供するのか?(仮題)」石橋進一氏(同志社女子大学非常勤講師) | comments(0) | - |-
延期【2020.3.23兵庫】公共図書館の児童サービスを考える2020 「児童サービスの基本に立ち返る」

2020.3.16情報更新。→延期となりました。

 

日時: 2020年3月23日(月)13:30ー17:00
会場: 神戸市立婦人会館

              <アクセス> http://www.kobe-fujin.or.jp/kaikan/index.html

 

参加費(資料費,会場費): 200円 ※図書館問題研究会 会員無料
申込先: E-mail  hyo-tmk_at_shisho.jp (図書館問題研究会・兵庫支部)


内容: 『生きるための図書館』 を読み解く 第2章 子どもたちに本を(解説:船橋佳子)、

    これからの児童サービスを考える(明定義人)

 

主催: 図書館問題研究会・兵庫支部 共催:同・大阪支部
 

情報元: 日本図書館協会メールマガジン

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 延期【2020.3.23兵庫】公共図書館の児童サービスを考える2020 「児童サービスの基本に立ち返る」 | comments(0) | - |-
延期【2020.3.28大阪】第165回 記録管理学会例会「中小企業の文書・記録管理の現状と図書館司書等情報専門家に期待すること」

延期となりました。

 

開催日時: 2020年3月28日(土)15:00〜17:00(受付開始14:30〜)
会場: 大阪大学中之島センター5F 多目的室501
    <アクセス> https://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/


テーマ: 中小企業の文書・記録管理の現状と図書館司書等情報専門家に期待すること

 

発表概要: 働き方改革が声高に叫ばれるようになってから、あらためてペーパーレス化やオフィス内の文書削減、或いは情報の共有化等に頭を抱える中小企業が増えている。具体的な業務のシステム化や文書管理の改善策が実行されていればこのような問題は顕在化しないであろう。
これまでも各方面から文書・記録管理の重要性は訴え続けられているが、中小企業、特に小規模事業者においてはその具体的な取組みがみられず状況は変わっていないようである。そのような企業の経営者は文書・記録管理の有効性に気付いていないため、本来業務としての意識が薄いことが多く、企業内の自助努力だけでは改善は難しいと思われる。
そこで外部の専門家、特に図書館司書が保有する情報リテラシー(多様な資料の収集、評価・分析、メタデータの設計・分類、整理・保存などを通してレファレンスを行う知識やノウハウ)を活かして、能動的な働きかけ(支援)ができないかを検討したい。また、地域としての記録管理・アーカイブスが小規模事業者のビジネスそのものに役つと同時に地域の発展にも役立つ仕組みを作れないかという点で、活発な意見交換の場になることを期待している。
会員の皆様はもとより、本テーマにご関心がある方は奮ってご参加下さい。なお、今回は、議論を深めるため少人数で実施しますので、お申込みの先着10名様とさせて頂きますのでご了承ください。

 

参加費: 500円(資料代)/人
要申込


問合せ先 e-mail : office_ishii/atmarak/maia.eonet.ne.jp
 お申し込み時に、ご芳名、ご所属をご記入ください。
 ※メールの際は、/atmarak/を@に変更して送信をお願いします。
申込締切: 2020年3月21日(土)、ただし先着10名様とさせて頂きます。

 

主催: 記録管理学会:http://www.rmsj.jp/

後援: ARMA東京支部:http://www.arma-tokyo.org/
    日本図書館研究会 情報組織化研究グループ:http://josoken.digick.jp/profile/index.html

 

詳細HP: https://www.rmsj.jp/2020/02/15/

     https://www.rmsj.jp/

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 延期【2020.3.28大阪】第165回 記録管理学会例会「中小企業の文書・記録管理の現状と図書館司書等情報専門家に期待すること」 | comments(0) | - |-
【2020.4.18京都】国立国会図書館関西館・(公財)東洋文庫合同企画 研究会「新たな現代中国研究の推進―国立国会図書館関西館及び東洋文庫の所蔵資料をめぐって」

国立国会図書館は、公益財団法人東洋文庫との共催により、研究会「新たな現代中国研究の推進―国立国会図書館関西館及び東洋文庫の所蔵資料をめぐって」を開催します。
この研究会では、当館が所蔵する上海新華書店旧蔵書コレクションをテーマとした発表もされますので、コレクションについてより知っていただく、またとない機会となります。
ご興味のある方は、ぜひご参加ください。
※現代中国研究者向けの専門的な内容となります。


日時: 2020年4月18日(土)10:30-16:30
会場: 国立国会図書館関西館 1階会議室(京都府相楽郡精華町精華台8-1-3)

    <アクセス> https://www.ndl.go.jp/jp/kansai/route.html


参加方法: 事前申込不要、参加無料


プログラム:

 9:30 受付開始

 10:30-10:35 開会のあいさつ 南亮一(関西館アジア情報課長)

 10:35-11:00 東洋文庫「現代中国研究班」の研究活動

  村田雄二郎(東洋文庫/同志社大学)

 11:00-11:25 国立国会図書館所蔵中国語資料と上海新華書店旧蔵書コレクション 
  丹治美玲(関西館アジア情報課アジア第二係長)

 11:25-11:50 上海新華書店旧蔵書コレクションと学術研究
  中村元哉(東洋文庫/東京大学)

 11:50-13:15 昼食・休憩

 13:15-13:40 中国教科書研究の意義と方法―国立国会図書館関西館所蔵上海新華書店旧蔵書コレクションを例にして―
  大澤肇(東洋文庫/中部大学)

 13:40-14:30 若手研究者による報告 *報告25分/質疑応答25分
  上西啓(東京大学大学院)

 14:30-14:45 休憩

 14:45-16:30 アジア情報室・書庫の見学(上海新華書店旧蔵書コレクションなど)
  関西館アジア情報課員

※なお、この企画は、東洋文庫現代中国研究班「国際関係・文化グループ」2020年度第1回研究会ともなります。

 

留意事項:

 国立国会図書館の登録利用者カードをお持ちでない方は、受付前に地下1階の入退館カウンターで利用者登録を済ませてください。利用者登録には、利用者登録申請書と本人確認書類が必要です。

 昼食は、会場4階のカフェテリア(昼食持込可)か、会場周辺のレストラン等をご利用ください(当日ランチマップを配布予定です)。

 

お問い合わせ先: 国立国会図書館 関西館 アジア情報課 アジア第二係

 

詳細HP: https://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/toyo2020.php

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2020.4.18京都】国立国会図書館関西館・(公財)東洋文庫合同企画 研究会「新たな現代中国研究の推進―国立国会図書館関西館及び東洋文庫の所蔵資料をめぐって」 | comments(0) | - |-
中止【2020.3.22京都】没年調査ソン in京都 vol.5

2020.3.8情報更新。→中止となりました。

 

「ししょまろはん」主催による、京都にゆかりのある著作者の没年をひたすら調査するイベントです。今回で5回目の開催、なんと初の歴彩館での開催です!

 

日時: 2020年3月22日(日)12時30分 〜 16時

場所: 京都府立京都学・歴彩館2階 京都資料総合閲覧室 特別閲覧室2

    <アクセス> https://www.pref.kyoto.jp/rekisaikan/opening_hours.html

 

現在、日本の著作権の保護期間は著作者の死後70年で満了します(2018年末、著作権法が改正されました)。この保護期間が有効な間(死後70年を経過していないもの)は、著作権法で守られており、無断で全文をコピーしたり公開したりすることはできませんが、保護期間が終了したものは、自由に使えるようになります。
オープンデータを推進する活動を行ってきた「ししょまろはん」として、京都にゆかりのありそうな人物の没年調査をひたすら行う「没年調査ソン」を開催し、これまでも成果を上げてきました。
没年が判明し、保護期間が満了していることが証明できれば、国会図書館がデジタル化した資料がインターネット公開され、より多くの人が利用することができます。
今回は、豊富な京都関係資料を所蔵する京都府立・京都学歴彩館での開催となります。

※没年調査ソンは、没年調査とマラソンを掛け合わせた造語で、短時間で集中してみんなで没年調査を行うことを表しています。

 

内容(予定):
 12:00 受付開始
 12:30 主催者側挨拶、趣旨説明 ししょまろはん代表:北邑希世子
 12:40 「国立国会図書館の没年調査について」講師:佐藤久美子氏(国立国会図書館関西館)
 13:10 進め方の説明、歴彩館の使い方
 13:30 没年調査スタート
 15:30 成果発表
 16:00 閉会挨拶

 

対象: 図書館職員等、黙々と調査することが苦にならない人
 ※自分で参考資料を調べたり、データベースを検索できたりする人を対象といたします。一般の人も歓迎します。
 ※パソコン(インターネット等)を使って調査をしたい人は、ご自身のものをお持ちください(パソコンの貸出はありません)。

 ※終了後には懇親会も予定しています。

 

申込み: 下記のお申込みフォームよりお申込みください。
 https://forms.gle/ujP5fmV8vLymr8Ae6
定員: 15名程度(先着順)

 

主催: ししょまろはん
協力: 京都府立京都学・歴彩館

 

問い合わせ: ししょまろはん メールkyolibrarians☆gmail.com(☆を@に変えてください)まで
        (京都府立京都学・歴彩館へのお問い合わせはご遠慮ください)

 

詳細HP: http://libmaro.kyoto.jp/?p=687

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 中止【2020.3.22京都】没年調査ソン in京都 vol.5 | comments(0) | - |-
延期【2020.3.29兵庫】日本図書館研究会 第356回研究例会「学校司書研修プログラムを考える」

2020.3.8情報更新。→延期となりました。

 

研究例会は会員以外の方も含め、どなたでも自由にご参加いただけます。ぜひお越しください。

 

日時: 2020年3月29日(日)13:00〜16:00
会場: 灘中学校灘高等学校 図書館
     (兵庫県神戸市東灘区魚崎北町8−5−1)
     JR神戸線「住吉」駅から東へ徒歩約10分/阪神本線「魚崎」駅から北へ徒歩約10分/阪急神戸線「岡本」駅か南西へ徒歩約20分(駐車場はございませんので,公共交通機関でご参加ください)。
    <アクセス> http://www.nada.ac.jp/access.html

 

テーマ: 学校司書研修プログラムを考える
発表者: 学校図書館研究グループ

 

要旨: 全国の自治体に不安定な身分ながら学校司書の配置が進んでいます。学校司書は多くがひとり職場であり,
十分な研修や引継ぎもなく日々悩みながら図書館業務をこなしている場合も多くあります。そこで,自治
体で学校司書対象に研修会を実施することを想定し,研修すべきことをまとめました。それを使って模擬
研修会を行います。参加者から意見をいただいて,今後の研究に活かしたいと思います。たくさんのご参
加をお待ちしております。

 

詳細HP: http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2019/356invit.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 延期【2020.3.29兵庫】日本図書館研究会 第356回研究例会「学校司書研修プログラムを考える」 | comments(0) | - |-
2.22、3.15中止【2020.1.25、2,22、3.15大阪】連続講座「目で見るイギリス児童文学の歴史」

2020.3.1情報更新。→第2回、第3回は中止になりました。

 

講師が所蔵するイギリス児童文学に関わる貴重なコレクションを紹介していただきながら、イギリスの子どもの本の歴史についてご講演いただきます。  

 

日時: 第1回 令和2年 1月25日(土)
    第2回 令和2年 2月22日(土)
    第3回 令和2年 3月15日(日) 各回 14:00〜15:30
会場: 大阪府立中央図書館 2階大会議室

            <アクセス> https://www.library.pref.osaka.jp/site/central/new-map.html


講師: 三宅 興子 さん (当財団特別顧問、梅花女子大学名誉教授)


対象: 子どもの本に関心のある方ならどなたでも
定員: 各回 50人 (申し込み先着順)
参加費: 各回 1000円

 

申込方法:

 〔連続講座3回の中で、1回だけの選択も可能です〕
 当財団HP「参加申込」から、または、電話、ファックスで、
 受講希望の回、名前(ふりがな)、 住所(市区町村まで)、
 電話番号、メールアドレス をお知らせください。

 

内容:
 ◆ 第1回 1月25日(土) 14:00〜15:30
  最初期のイギリスの子どもの本から始めて娯楽と教育」を両立させようとした時代、といわれる19世紀半ばごろまでの子どもの本についてお話いただきます。  
 ◆ 第2回 2月22日(土) 14:00〜15:30
  子どもの本の「第一次黄金時代」
   ヴィクトリア時代のイギリスの子どもの本には、現在では、出版できないような豪華本もあり、美しい本やデザインに優れたものが多くあります。それらを見せていただきながら、ヴィクトリア時代の子どもの本の特徴をお話いただきます。  
 ◆ 第3回 3月15日(日) 14:00〜15:30
  20世紀イギリスの子どもの本
    20世紀のイギリスの作品は多くが日本でも翻訳されています。ファンタジーと絵本の分野を中心に、子どもの本の多様性についてお話いただきます。  

 

主催: 一般財団法人 大阪国際児童文学振興財団
 ※ 子どもゆめ基金助成活動

 

詳細HP: http://www.iiclo.or.jp/03_event/02_lecture/index.html#renzokukozamedemiru

     (PDF) http://www.iiclo.or.jp/03_event/02_lecture/pdf/medemiruigirisujidobungakunorekishichirashi.pdf

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 2.22、3.15中止【2020.1.25、2,22、3.15大阪】連続講座「目で見るイギリス児童文学の歴史」 | comments(0) | - |-
【2020.6.27大阪】比較図書館情報学研究グループ〈2020年6月研究例会〉「司書職制度の再構築:日本の図書館職に求められる専門性」大城善盛(元同志社大学)

日時: 2020年6月27日(土)10:00〜12:00
場所: 大阪府立中之島図書館別館2階
     大阪市北区中之島1丁目2-10
     地下鉄御堂筋線/京阪電鉄「淀屋橋」駅車,1番出口から徒歩約5分
     <アクセス> http://www.library.pref.osaka.jp/site/nakato/n-chizu.html

 

テーマ: 司書職制度の再構築:日本の図書館職に求められる専門性
発表者: 大城 善盛(元同志社大学)


(2020年度図書館を学ぶ相互講座第3回との共催)


連絡先: 大城 善盛氏(元同志社大学) メール:zoshiro☆kyoto.zaq.jp(☆を@に変えてください)


詳細HP: http://www.nal-lib.jp/groups/news.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2020.6.27大阪】比較図書館情報学研究グループ〈2020年6月研究例会〉「司書職制度の再構築:日本の図書館職に求められる専門性」大城善盛(元同志社大学) | comments(0) | - |-
【2020.5.23大阪】図書館学資料保存研究グループ〈2020年5月研究例会〉「F.チェニーとレファレンスの基盤」前川和子氏(元大手前大学)

日時: 2020年5月23日(土)10:00〜12:00
場所: 大阪府立中之島図書館別館2階
     大阪市北区中之島1丁目2-10
     地下鉄御堂筋線/京阪電鉄「淀屋橋」駅車,1番出口から徒歩約5分
     <アクセス> http://www.library.pref.osaka.jp/site/nakato/n-chizu.html

 

テーマ: F.チェニーとレファレンスの基盤
発表者: 前川 和子氏(元大手前大学)


(2020年度図書館を学ぶ相互講座第2回との共催)


連絡先: 中村恵信(神戸松蔭女子学院大学)・メール:toshokanhoushi☆yahoo.co.jp (☆を@に変えてください)


詳細HP: http://www.nal-lib.jp/groups/news.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2020.5.23大阪】図書館学資料保存研究グループ〈2020年5月研究例会〉「F.チェニーとレファレンスの基盤」前川和子氏(元大手前大学) | comments(0) | - |-