Search
New Entries
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
お知らせ

リブヨTOPページはこちらです。

※この記事より上の記事はカレンダーに反映されていません。

posted by: リブヨ | つぶやき | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |-
【2018.12.22兵庫】「読書は心の夢飛行」永田萠氏(イラストレーター、絵本作家)

兵庫県立図書館リニューアル記念講演(第3回)

 

日時: 2018年12月22日(土)13:30〜15:00
会場: 兵庫県立図書館 研修室(兵庫県明石市明石公園1-27)

    <アクセス> http://www.library.pref.hyogo.lg.jp/sogo_annai/access_renewal.html


「読書は心の夢飛行」

講師: 永田 萠 氏(イラストレーター、絵本作家)

 
定員: 80名(先着順に受付)

参加費: 無料

申し込み: 下記HPの申込みフォーム から

 

主催:  兵庫県立図書館

 

詳細HP: http://www.library.pref.hyogo.lg.jp/event/event2018/renewal.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.12.22兵庫】「読書は心の夢飛行」永田萠氏(イラストレーター、絵本作家) | comments(0) | - |-
【2018.11.11兵庫】「『十五少年漂流記』の舞台の謎〜J・ベルヌのメッセージ?〜」田辺眞人氏(園田学園女子大学名誉教授、兵庫県史編纂委員)

兵庫県立図書館リニューアル記念講演(第2回)

 

日時: 2018年11月11日(日) 14:00〜15:30  
会場: 兵庫県立図書館 研修室(兵庫県明石市明石公園1-27)

    <アクセス> http://www.library.pref.hyogo.lg.jp/sogo_annai/access_renewal.html


「『十五少年漂流記』の舞台の謎〜J・ベルヌのメッセージ?〜」

講師: 田辺眞人氏(園田学園女子大学名誉教授、兵庫県史編纂委員)

 
定員: 80名(先着順に受付)

参加費: 無料

申し込み: 下記HPの申込みフォーム から

 

主催:  兵庫県立図書館

 

詳細HP: http://www.library.pref.hyogo.lg.jp/event/event2018/renewal.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.11.11兵庫】「『十五少年漂流記』の舞台の謎〜J・ベルヌのメッセージ?〜」田辺眞人氏(園田学園女子大学名誉教授、兵庫県史編纂委員) | comments(0) | - |-
【2018.7.15兵庫】「図書館の上手な使い方」中野 雅至 氏(神戸学院大学現代社会学部教授)

兵庫県立図書館リニューアル記念講演(第1回)

 

日時: 2018年7月15日(日) 14:00〜15:30   
会場: 兵庫県立図書館 研修室(兵庫県明石市明石公園1-27)

    <アクセス> http://www.library.pref.hyogo.lg.jp/sogo_annai/access_renewal.html


「図書館の上手な使い方」

講師: 中野 雅至 氏(神戸学院大学現代社会学部教授)

 
定員: 80名(先着順に受付)

参加費: 無料

 

主催:  兵庫県立図書館

後援:  兵庫県教育委員会

 

詳細HP: http://www.library.pref.hyogo.lg.jp/event/event2018/renewal.html

 

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.7.15兵庫】「図書館の上手な使い方」中野 雅至 氏(神戸学院大学現代社会学部教授) | comments(0) | - |-
【2018.12.8大阪】図書館サービス研究グループ研究例会「図書館現場での研究を尋ねる:学校図書館から可能性を求めて」村上幸二氏(奈良学園大学登美ヶ丘図書館)

日時: 2018年12月8日(土)10:00〜12:00
場所: 大阪府立中之島図書館別館2階
     大阪市北区中之島1丁目2-10
     地下鉄御堂筋線/京阪電鉄「淀屋橋」駅車,1番出口から徒歩約5分
     <アクセス> http://www.library.pref.osaka.jp/site/nakato/n-chizu.html

 

テーマ: 図書館現場での研究を尋ねる:学校図書館から可能性を求めて

発表者: 村上幸二氏(奈良学園大学登美ヶ丘図書館)

 

(2018年度図書館を学ぶ相互講座第9回との共催)

連絡先: 中村恵信(神戸松蔭女子学院大学)・メール:toshokanhoushi☆yahoo.co.jp (☆を@に変えてください)


詳細HP: http://www.nal-lib.jp/groups/news.html#hoshiken20181208

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.12.8大阪】図書館サービス研究グループ研究例会「図書館現場での研究を尋ねる:学校図書館から可能性を求めて」村上幸二氏(奈良学園大学登美ヶ丘図書館) | comments(0) | - |-
【2018.12.8大阪】情報組織化研究グループ 情報知識学フォーラム「情報知識資源の構築,応用,ビジネス展開」

日 時: 2018年12月8日(土)13:10〜17:00
会 場: 近畿大学 東大阪キャンパス
      近鉄大阪線「長瀬」駅下車徒歩10数分

     <アクセス> https://www.kindai.ac.jp/about-kindai/campus-guide/access_higashi-osaka.html

       テーマ発表:21号館5階543号室
       ポスター発表:20号館5階5A室,5B室
       見学会:ビブリオシアター(5号館1・2階)


概 要: 標記テーマで「情報知識学フォーラム」を開催します。分類体系やシソーラスのような情報知識資源が盛んに開発され,様々に応用され,これを利用したビジネスが活性化すれば,情報知識学の世界や情報組織化の世界が繁栄するのではないかという問題意識に基づいています。招待講演は,情報知識資源を構築し,ビジネス展開につなげた編集工学研究所の宮崎慎也氏と,元・言語工学研究所社長の国分芳宏氏です。その後,会場のみなさんとディスカッションの時間を設ける予定です。セッションの後はポスター発表会を,さらに講演の前には,編集工学研究所の開発した分類を採用している図書館(ビブリオシアター)の見学会も計画しています。奮ってご参加下さい。

 

プログラム:
13:10 ビブリオシアター見学希望者集合
       近畿大学西門(長瀬駅側の門)
13:20〜13:50 ビブリオシアター見学
13:40〜14:10 参加受付 21号館543号室
14:10〜14:15 実行委員長挨拶
14:15〜14:45 招待講演
            「情報知識資源としての近大インデックスの活用と展開」
             宮崎慎也氏(編集工学研究所イノベーション・エンジニアリング事業部長)
14:45〜15:15 招待講演
            「シソーラスの構築,応用,ビジネス展開」
             国分芳宏氏(元・言語工学研究所社長)
15:15〜15:25 休 憩
15:25〜15:50 フロアを交えてディスカッション
15:50〜16:05 ポスター概要発表
16:05〜16:10 情報知識学会会長挨拶
16:10〜17:00 ポスター発表
17:20〜19:30 懇親会


参加費: 資料代として3,000円
     ただし日本図書館研究会会員は無料


申込方法: 下記のページをご覧下さい。参加申込用フォームがあります。
      http://www.jsik.jp/?forum2018
申込期限: フォーラムの申込は12月7日(金)まで,懇親会の申込は12月1日(土)までにお願いします。


主 催: 情報知識学会
共 催: 日本図書館研究会情報組織化研究グループ

 

詳細HP: http://www.nal-lib.jp/groups/news.html#seiken20181208

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.12.8大阪】情報組織化研究グループ 情報知識学フォーラム「情報知識資源の構築,応用,ビジネス展開」 | comments(0) | - |-
【2019.1.26京都】図書館学教育研究グループ研究例会「学校司書モデルカリキュラムの実施状況を調べる(2)」川原亜希世氏(近畿大学)ほか

日時:  2019年1月26日(土)14:30〜17:30
場所:  龍谷大学大宮学舎南黌101教室

     JR京都駅北西、徒歩15分。西本願寺南西隣
            <アクセス> http://www.ryukoku.ac.jp/omiya.html

 

テーマ: 学校司書モデルカリキュラムの実施状況を調べる(2)
発表者: 川原亜希世氏(近畿大学)ほか


概 要: 前回の調査の結果にもとづき,学校司書モデルカリキュラムの科目のシラバスの比較検討を続ける。この研究は2月の研究大会での発表に向けて行うものである。学校司書モデルカリキュラムの実施状況を調査し,実施大学のモデルカリキュラムの科目のシラバスを収集し,科目ごとに比較検討を加える。このモデルカリキュラムの特徴である,司書科目,教職科目,司書教諭科目に,独自科目を加えたカリキュラムが,実際にどのように運用されているのかが,シラバスから明らかにされることを期待している。


問合先: 事務局・柳勝文(yanagi☆let.ryukoku.ac.jp(☆を@に変えてください))

詳細HP: http://www.nal-lib.jp/groups/news.html#educate20190126

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2019.1.26京都】図書館学教育研究グループ研究例会「学校司書モデルカリキュラムの実施状況を調べる(2)」川原亜希世氏(近畿大学)ほか | comments(0) | - |-
【2018.11.17京都】図書館学教育研究グループ研究例会「学校司書モデルカリキュラムの実施状況を調べる」川原亜希世氏(近畿大学)ほか

日時:  2018年11月17日(土)14:30〜17:30
場所:  龍谷大学大宮学舎南黌101教室

     JR京都駅北西、徒歩15分。西本願寺南西隣
            <アクセス> http://www.ryukoku.ac.jp/omiya.html

 

テーマ: 学校司書モデルカリキュラムの実施状況を調べる
発表者: 川原亜希世氏(近畿大学)ほか


概 要: 2017年度に始まった学校司書モデルカリキュラムは,2018年度現在,約25校の大学で開講されていると言われている。今回は,これらの大学の実態をウェブサイトから調査し,ウェブ上で公開されているモデルカリキュラム科目のシラバスを集め,どのような傾向が見られるか比較検討を行う。学校司書モデルカリキュラムの独自科目である「学校図書館サービス論」や複数の教職科目で読み替える「学校教育概論」のシラバスから,どのような傾向が読み取れるだろうか。
 


問合先: 事務局・柳勝文(yanagi☆let.ryukoku.ac.jp(☆を@に変えてください))

詳細HP: http://www.nal-lib.jp/groups/news.html#educate20181117

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.11.17京都】図書館学教育研究グループ研究例会「学校司書モデルカリキュラムの実施状況を調べる」川原亜希世氏(近畿大学)ほか | comments(0) | - |-
【2018.12.13大阪】近畿視覚障害者情報サービス研究協議会(近畿視情協)平成30年度ボランティア・職員研修会

日時: 平成30年12月13日(木)10:00〜16:00
会場: 玉水記念館(大阪市西区江戸堀1丁目10−31)
            <アクセス> http://www.tamamizu.org/kinenkan/ask.html
内容:

 全体会 講演:「指と耳で世界を見る」(仮題)
   講師:広瀬 浩二郎 氏(国立民族学博物館 准教授)
  録音分科会
   テーマ 「こんな時どうする!? 処理は判断力と柔軟性」
    − 注釈、ルビ、写真イラストの処理例などを実際に考える −
   講師 小林 妙子 氏(デイジー枚方)
  点字分科会
   テーマ 「インクルーシブ教育(障害があっても誰もが地域校で学ぶ教育)時代における盲児の学び、その支援と限界を考える」
   講師 長尾 博 氏(元・宮城教育大学 教授)
  ※ 実習もありますので、アイマスクをご持参ください。

 

申込み: 12月5日(水)までに、近畿視情協事務局まで。
参加費: 加盟館職員ならびに加盟館に属するボランティアは無料。
      その他の方は、参加費として当日500円をご負担ください。

 

詳細HP: http://www.lnetk.jp/

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.12.13大阪】近畿視覚障害者情報サービス研究協議会(近畿視情協)平成30年度ボランティア・職員研修会 | comments(0) | - |-
【2018.12.7京都】スライドで訪ねる児童文学の旅ーニルスのふしぎな旅

 スウェーデンの子どもたちが歴史地理を学ぶ教科書の副読本として作られたという『ニルスのふしぎな旅』。ガチョウノモルテンの
背中に乗ってガンの群れと一緒に旅を続けるニルスと一緒に、スウェーデンの旅をしてみませんか。
 たくさんのが『ニルスのふしぎな旅』出版されていますので、お読みいただくと楽しいですよ。
 さて、スライドではどんな風景に出会えるでしょう。

 

日時: 2018年12月7日(金)10:00〜11:45
場所: 京都・こどもみらい館 第2研修室

     <アクセス> http://www.kodomomirai.or.jp/

 

講師: 池田正孝氏

 

参加費: 会員800円、一般1000円

定員: 80名

 

申し込み: kyokorenkouenkai2018☆gmail.com(☆を@に変えてください)

      又は電話で

 

主催: 京都家庭文庫地域文庫連絡会(京庫連)
後援・助成: 京都新聞社福祉事業団

 

詳細HP: http://kyotobunkoren2016.web.fc2.com/index.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.12.7京都】スライドで訪ねる児童文学の旅ーニルスのふしぎな旅 | comments(0) | - |-