Search
New Entries
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【2019.2.26-27京都】平成30年度法令・議会・官庁資料研修

国立国会図書館では、各図書館における法令・議会・官庁資料に関するレファレンス・サービスの向上に資することを目的として、国内の図書館員を対象に法令・議会・官庁資料研修を開催します。
この研修では、次の2点を目指します。

(1)日本の法令・議会・官庁資料の特徴を理解し、基礎的な知識を身に付ける。
(2)インターネット上の検索ツールや当館の各種データベースを用い、法令・議会・官庁資料の調査方法を身に付ける。

 

日時: 平成31年2月26日(火)〜27日(水)
場所: 国立国会図書館関西館 第1研修室

    <アクセス> http://www.ndl.go.jp/jp/service/kansai/guide/route.html

 

対象: 公共図書館、大学図書館、専門図書館および地方議会図書室の職員等で、日本の法令・議会・官庁資料に関する基礎的な知識の習得を目指す方。


プログラム:

平成31年2月26日(火)

 13:00〜13:10 開講挨拶 関西館図書館協力課長
         事務連絡 関西館図書館協力課職員
 13:10〜13:30 参加者自己紹介  
 13:30〜14:30 面白い法情報、楽しい法教育とは何か?〜龍谷大学法情報研究会20年のあゆみ〜(仮) 講師:龍谷大学 法学部法律学科 教授 石塚伸一 氏
  法情報のデータベース化、法教育等に取り組んできた龍谷大学法情報研究会での活動経験を踏まえ、法教育・法情報提供の分野で図書館や図書館員に今後期待される役割などについてお話しいただきます。
 14:30〜14:40 質疑応答
 15:00〜17:00 法令資料の特徴と活用法 講師:調査及び立法考査局議会官庁資料課職員
  日本の法令・判例資料の概要を説明します。また、日本法令索引などを用いたインターネット上の法令資料の入手方法の紹介及び演習を行います。
 17:00〜17:10 質疑応答

 

平成31年2月27日(水)

 10:00〜11:30 議会資料の特徴と活用法 講師:調査及び立法考査局議会官庁資料課職員
  日本の議会資料の概要と、インターネット上の議会資料の入手方法を説明します。また、国会会議録検索システムなどを用いた演習を行います。
 11:30〜11:40 質疑応答
 13:00〜14:30 官庁資料の特徴と活用法 講師:調査及び立法考査局議会官庁資料課職員
  日本の官庁資料の概要と、白書、統計などの代表的な官庁資料について、特徴・調べ方を説明します。演習を行い、資料の入手方法を紹介します。
 14:30〜14:40 質疑応答
 14:40〜15:00 全体を通じた質疑応答 当館講師
 15:00〜15:10 修了証書授与、閉講挨拶 関西館長

  ※1日目の研修終了後、希望者を対象に交流会を開催します。

  ※2日目の研修終了後、希望者を対象に館内見学を行います。

  ※当館講師が担当する科目については、過去の研修資料も参考にしてください。  

定員: 30名。原則として、1機関からの参加は1名。
 応募多数の場合は当館で選考を行います。あらかじめご了承ください。

参加費: 無料。ただし、旅費・滞在費などは参加者の負担とします。

 

申込方法: 
 (1)お名前
 (2)ふりがな
 (3)所属機関名((1)〜(3)はご記入いただいたものを当日配布する名簿や修了証書に記載します)
 (4)所属機関住所
 (5)電話番号
 (6)電子メールアドレス 
 (7)図書館勤続年数
 (8)レファレンス業務経験年数 ※(7)(8)は通算で構いません。
 (9)担当している業務内容
 (10)研修参加に当たって配慮が必要な事情等(ある場合のみ)
 (11)受講可否の連絡先担当者名・所属・電子メールアドレス(参加希望者と異なる場合のみ)

を電子メール本文に明記の上、電子メールでtrainingアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピーへお申し込みください。セキュリティ上の観点から、添付ファイルでのお申込みはご遠慮ください。電子メールの件名は「法令・議会・官庁資料研修申込み」としてください。


※申込後、2日以内(土日祝日及び年末年始は含めません)に申込受領をご連絡します。2日以内に連絡がない場合は、何らかの理由でメールが届いていない可能性もありますので、必ずお問い合わせください。また、締切後に受講の可否をご連絡します。

申込締切: 平成31年1月6日(日)

事前課題: 研修参加者には事前調査票および事前課題に回答していただきます。次のような内容を予定しています。

 (事前調査) ◦各館における法令・議会・官庁分野のレファレンスの現状 等

 (事前課題)◦過去の本研修資料(上述)や講義で紹介するウェブ上の情報源に目を通し、データベースを操作しておくといったことを予定しています。

また、事後にアンケートにご協力いただきます。

問い合わせ先: 国立国会図書館 関西館 図書館協力課 研修交流係(担当 小篠(おざさ)・牧・飯島)

 

詳細HP: http://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/181204_01.html

 

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2019.2.26-27京都】平成30年度法令・議会・官庁資料研修 | comments(0) | - |-
【2019.2.13京都】オープンサイエンス時代の大学図書館−これから求められる人材とは―

平成30年度 国立大学図書館協会近畿地区助成事業

 

平成30年6月15日に閣議決定された「統合イノベーション戦略」では、オープンサイエンスのためのデータ基盤の整備の目標として、研究データの管理・利活用の方針・計画の策定、機関リポジトリを活用した公開、人材の育成等を掲げている。文部科学省や内閣府の審議会等やG7科学大臣会合等の世界動向においても、「オープンサイエンス」は必須のキーワードとなっており、大学図書館を取り巻く学術世界は、今まさにオープンサイエンス時代に入ろうとしている。
 この時代状況において、大学図書館には、従来の機関リポジトリに新たな機能を付加し、その機能を十全に実現する研究支援能力をもつ職員を育成することが強く期待されている。こうした期待に応えるものとして、国立大学図書館協会では「ビジョン2020」において、職員の資質向上により、学術情報流通環境の変化の中で国立大学図書館に期待される新たな機能を実現することを目標としている。このため、オープンサイエンス時代を切り開いていく大学図書館の機能と人材像を明確にすることを目指して講演会を開催する。
 本講演会では、.ープンサイエンスを巡る政策動向と求められる大学図書館機能への展望、研究データのオープン化に向けた研究者の取り組みと図書館職員への期待、B膤愎渊餞曚砲けるオープンサイエンスの支援事例に関する講演を柱として、情報共有と意見交換を行うこととしたい。

 

日時: 平成31年2月13日(水)13:15〜17:00(受付開始12:45)
場所: 京都大学附属図書館3階 ライブラリホール
    <アクセス> http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/

 

対象: 大学図書館職員および本講演テーマに関心のある方(一般公開)
プログラム:
 12:45                  開場・受付開始
 13:15-13:20    開会挨拶:引原 隆士 教授(京都大学図書館機構長)
 13:20-14:30    講演1「オープンサイエンス時代の大学図書館員:教育、研究のパートナーになるために」
          竹内 比呂也 教授(千葉大学附属図書館長、アカデミック・リンク・センター長)
 14:30-14:40    休憩
 14:40-15:40    講演2「アカデミックデータマネジメント環境での図書館員の役割」
          梶田 将司 教授(京都大学情報環境機構教授、アカデミックデータ・イノベーション ユニット長)
 15:40-16:10    講演3「大学図書館によるオープンサイエンス支援:国内事例を作る」
          山中 節子 氏(京都大学附属図書館学術支援課長)
 16:10-16:20    休憩
 16:20-17:00    パネルディスカッション
          モデレータ:松井 啓之 教授(京都大学図書館機構副機構長)
 17:00                  閉会

 

*講演会の終了後、講師の方々をお招きして交流会を開催いたします(参加任意)。
  時 間:17時30分〜19時
  場 所:カフェレストラン カンフォーラ(京都大学正門横)

 

受講定員: 80名(申込先着順)
受講料: 無料
     交流会に参加される場合は、3,500円(予定)の参加費をいただきます。
申込方法: 広報ページの申込用Webフォームにご記入のうえ、お申し込みください。
申込締切: 平成31年2月5日(火)

 

企画: 京都大学図書館機構(図書館業務改善推進会議 人材育成部会)

 

その他: 当日の講演記録について、映像は京都大学OCWにて、資料は京都大学学術情報リポジトリKURENAIで保存・公開の予定です。

 

問い合わせ先: 京都大学附属図書館図書館企画課
        e-mail: kenshu-uke660kulib[at]mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

 

主 催: 国立大学図書館協会近畿地区協会(主担当:京都大学図書館機構)
協 賛: 大学図書館近畿イニシアティブ

 

詳細HP: http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1379938

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2019.2.13京都】オープンサイエンス時代の大学図書館−これから求められる人材とは― | comments(0) | - |-
お知らせ

リブヨTOPページはこちらです。

※この記事より上の記事はカレンダーに反映されていません。

posted by: リブヨ | つぶやき | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |-
【2018.12.6大阪】2018年度第66回大阪公共図書館大会「自然災害から図書館を守る」

日時: 2018年12月6日(木)10:20〜16:30
会場: 大阪市立中央図書館2階大会議室

     <アクセス> http://www.oml.city.osaka.lg.jp/?page_id=292

 

内容: 「自然災害から図書館を守る」

 

講師(発表者):

 「近年の被害事例から学ぶ図書館の安全」川島宏氏(株式会社栗原研究室)

 「どうしてますか?地域資料〜アンケート「地域資料の収集・整理・保存・活用について」より〜」地域資料研究グループ

 「各自治体での学校司書の配置状況と課題、研修会等について」学校連携研究グループ

 「大阪北部地震による被害状況報告」西尾恵一氏(大阪府立中之島図書館)、尾崎安啓氏(寝屋川市立中央図書館)、平井智子氏(高槻市立中央図書館)

 「大阪府における災害リスクとその備えについて」大阪府危機管理室防災企画課

 

参加費: 無料


申込・問合先: 大阪公共図書館協会事務局

         TEL:06-6745-0170(代)  FAX:06-6745-0262

         E-mail:kikaku☆library.pref.osaka.jp(☆を@に変えてください)

 

主催: 大阪公共図書館協会

共催: 日本図書館協会

 

情報元: 日本図書館協会メールマガジン

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.12.6大阪】2018年度第66回大阪公共図書館大会「自然災害から図書館を守る」 | comments(0) | - |-
【2019.1.21兵庫】知ってる? この本−子どもの本を紹介しあう−「連続公開講座・司書力アップ第4回 社会系ノンフィクション」

日時: 2019年1月21日(月)14:00〜16:30
会場: 神戸市立婦人会館4階あじさい

              <アクセス> http://www.kobe-fujin.or.jp/kaikan/index.html

 

テーマ: 「連続公開講座・司書力アップ第4回 社会系ノンフィクション」


参加費: 200円(資料費、会場費)図書館問題研究会会員:無料

申込方法: 以下のアドレスに氏名と所属を明記のうえお申込ください。
申込先: E-mail:hyo-tmk_at_shisho.jp (図書館問題研究会・兵庫支部)

 

主催: 図書館問題研究会・兵庫支部

共催: 図書館問題研究会・大阪支部

 

情報元HP: 日本図書館協会 図書館イベントカレンダー http://www.jla.or.jp/calendar/tabid/92/Default.aspx

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2019.1.21兵庫】知ってる? この本−子どもの本を紹介しあう−「連続公開講座・司書力アップ第4回 社会系ノンフィクション」 | comments(0) | - |-
【2018.12.22大阪】「こんなにすごい!朝の読書」第12回 朝の読書大阪交流会

日時: 2018年 12月 22 日(土)午後1時〜4時半
場所: 大阪市西区民センター3階 第5会議室
     地下鉄千日前線「西長堀」駅番出口北100m、鶴見緑地線「西長堀」駅H崕亳南100m
     <アクセス> https://osaka-nishikumincenter.jp/%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%82%b9

 

朝の読書に欠かせないのは本。これを提供するところと言えば、それぞれの学校図書館ですね。その場所を責任を持って掌るのが司書教諭なのですが、実際には司書教諭のほとんどがいることはありません。それって任務放棄にならないの?いえいえ、ちゃんと働いているのです。実は全国のほとんどの司書教諭は担任や教科の担当者なので、その任務に忙しくて図書館まで手が回らないのです。
代わりに学校図書館を動かしているのが、学校司書です。
しかし学校司書は6割程度の学校にしかいませんし、いても一人でその学校で必要な資料を揃えたり、足りない本を公共の図書館から借り受けたり、休み時間に貸出作業をしたりしています。小学校では図書の授業に読み聞かせもしなければならないので大忙しです。
そんな学校司書が法律で認められたのは、たった4年前の平成26年からです。
今回は40年前から高校図書館職員として勤務し、早くから学校図書館の重要性や専門職の必要性を説き、21年間に渡り日教組学校図書館対策委員も務め、訴えてこられた世羅田さんに、学校司書とは何か?司書と司書教諭の関係、教師との関係etcを経験から語っていただきます。
勿論、読書に対する造詣も深く、辞典などにも幅広い知識で応えてくださいます。
師走の慌しい時期ではありますが、学校関係者の方、読書に関心をお持ちの方、皆さまのご参加を心よりお待ちいたしております。
 

内容 :

 1部 実践報告 大阪府立桃谷高等学校社会科教諭 世羅田順治氏
  「ある学校図書館職員の取組み」

 2部 「朝の読書」の実践と課題 各校の実践を中心に話し合いましょう

 

代表: 山田幸和(四天王寺大学、大阪学院大学非常勤講師)
お問い合わせ・申し込み: 大阪朝の読書事務局 加藤悦代
  ☎0八0−4230−7619 mail: pecochanbook☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)
  当日参加も可能ですが、準備の都合上事前に申し込んでいただければ助かります


後援: 朝の読書推進協議会、八尾市の学校図書館を考える会

 

情報元: 主催者の方

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.12.22大阪】「こんなにすごい!朝の読書」第12回 朝の読書大阪交流会 | comments(0) | - |-
【2018.12.3京都】第224回ku-librarians勉強会「資料保存WS共催:遡及入力からデジタルアーカイブまで:資料保存のいまとこれから(第15回日本古典籍講習会参加報告)」

日時: 平成30年12月3日(月)18:30-20:50

場所: 京都大学附属図書館3F 共同研究室5 (一番大きい部屋です。)

    <アクセス> http://www.med.kyoto-u.ac.jp/access/access/
    ◇学外の皆様へ

     学外から参加される方は以下のとおりの手続きが必要となります。

     ご理解ならびにご協力頂きますようお願いいたします。
     1.インフォメーションカウンターにて、来館目的として「共同研究室5で開催

                される勉強会に参加します。部屋の代表者は宮田です。」とお知らせ下さい。
     2.所定の利用申請書にご記入下さい。
     3.お名前の確認できるものをご提示下さい。

     ※書庫資料もあわせてご利用の場合は身分証をご用意下さい。

 

発表者: 山崎 千恵(京都大学附属図書館 図書館企画課 図書館企画掛)

 

内容: 平成29年度に参加した日本古典籍講習会について「資料保存」をキーワードとして報告をいたします。講習会では国文学研究資料館や国立国会図書館で実践されている資料の扱いや保存について学ぶ機会を得ました。また、情報発信という側面や、次世代に資料を残す媒体変換としての「古典籍のデジタルアーカイブ」の話も聞くことができました。実際の職場では「資料保存」は業務としては曖昧であり、当時の私の参加目的も遡及入力(書誌作成)のためでしたが、どの業務においても資料保存の観点は欠かせないことを再確認する講習会となりました。
  今回は資料保存WSのメンバーと一緒に、実習を交えた勉強会を企画しました。日本古典籍講習会でも実践されていることですが、勉強会内でも古典籍資料を見て、触れて、さらに四ツ目綴じ体験をしながら、参加者の皆さんと意見交換をする時間を設けたいと考えています。どうぞお気軽にご参加ください。

※実習用の資料はこちらでご用意します。

 

詳細HP: http://kulibrarians.g.hatena.ne.jp/kulibrarians/20181203

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.12.3京都】第224回ku-librarians勉強会「資料保存WS共催:遡及入力からデジタルアーカイブまで:資料保存のいまとこれから(第15回日本古典籍講習会参加報告)」 | comments(0) | - |-
【2018.12.8京都】第35回 図書館史勉強会@関西 関西文脈の会

日時: 2018年12月8日(土) 13:30〜17:00
会場: お気軽会議室 京都四条
      ※今回初めて使う会場となります。場所や注意事項等をご確認ください。
    <アクセス> https://www.instabase.jp/space/2361271403

発表者: 長尾宗典氏
タイトル: 「誌友交際のはなし」

(下記の文献に、関連する論文が掲載されています。中野目徹編集『近代日本の思想をさぐる』吉川弘文館 2018.11)


おおよその人数を把握したいので、参加ご希望の方は
会合の一週間前までを目安に、事務局<toshokanshi.kansai @ gmail.com(@は半角)>までご一報ください。
twitterアカウント@k_context宛にご連絡いただいても構いません。

詳細HP: http://toshokanshi-w.blogspot.com/2018/11/35.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.12.8京都】第35回 図書館史勉強会@関西 関西文脈の会 | comments(0) | - |-
【2018.11.18京都】国立国会図書館関西館 見学デー

国立国会図書館関西館では、京都府相楽郡精華町において開催される「せいか祭り2018」に合わせて、「国立国会図書館関西館見学デー」を開催し、関西館の紹介やクイズラリーなどのイベントを実施します。年齢制限なし、手続きなしで自由に入館していただけます。お子様連れの方もお気軽にお立ち寄りください。

日時: 2018年 11月18日(日) 10時00分〜16時00分
会場: 国立国会図書館 関西館 地下1階 総合閲覧室

             ※「音源・動画紹介」のみ地下1階共同研究室
         <アクセス> http://www.ndl.go.jp/jp/service/kansai/guide/route.html

 

プログラム:
 •関西館のご紹介 (ミニプレゼンテーション)
  10:20 11:00 13:20 14:50(約15分)

 •関西館クイズラリー

 •ミニガイダンス「関西館の使い方」
  ◦端末の使い方
   10:40 11:50 13:00 14:30(約20分)
  ◦閲覧室ツアー
   11:20 12:20 13:40 15:10(約20分)

 •音源・動画紹介−国立国会図書館デジタルコレクションから−
  @地下1階共同研究室

 •キッズコーナー(国際子ども図書館「学校図書館セット貸出し」のご紹介)

 •ミニ展示「おりがみ」

 

※カフェテリアあり(10:00から15:00まで)。
※駐車場あり(無料)。
※当日は、図書館業務は行っておりません。

 

参加費: 入場無料

 

お問い合わせ先: 国立国会図書館 関西館 総務課 総務係
 〒619-0287京都府相楽郡精華町精華台8-1-3
 TEL:0774-98-1224(直通)  FAX:0774-94-9106

詳細HP: http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/1225289_1368.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.11.18京都】国立国会図書館関西館 見学デー | comments(0) | - |-
【2018.12.21京都】京都の出版社に聞く 第6回 日本華道社

京都府立京都学・歴彩館では、「京都の出版社に聞く」を開催します。

京都の出版社の方に、自社のこと、刊行している出版物のこと、ご自身の日々の仕事内容等についてご講演いただきます。

また、当日は、講演する出版社が発行する所蔵資料を会場に展示します。

 

開催日: 2018年12月21日(金)18時半〜20時 (受付開始:18時)

 

会場: 京都府立京都学・歴彩館2階 京都資料総合閲覧室一般閲覧席

    <アクセス> http://www.pref.kyoto.jp/rekisaikan/access.html

 

内容: 18:30〜19:30 講演 ※質問に対する回答時間を含む。

    19:30〜20:00 展示資料自由閲覧 ※出版社の方にも立ち会っていただきます。

 

株式会社日本華道社 編集部 編集長代理 橋本武尚氏

 

定員: 各回30名程度(事前申込制・先着順)※座席に空きがある場合は、当日受付可。

申込方法: 氏名(ふりがな)、住所、電話番号、受講希望回(複数応募可)を明記の上、

      はがき、FAX、Eメールまたは京都資料総合閲覧室カウンターにてお申し込み下さい。

      また、出版社の方にご質問があればご記入ください。
 ※定員に達し、参加いただけない場合のみ、当館よりご連絡いたします。
 ※手話通訳、要約筆記が必要な方は、各開催日の2週間前までにご相談ください。

 

申込先・問合せ先: 京都府立京都学・歴彩館 資料課

 

詳細HP: http://www.pref.kyoto.jp/rekisaikan/siryo-e201806.html

posted by: リブヨ | 図書館・本関係研修会 | 【2018.12.21京都】京都の出版社に聞く 第6回 日本華道社 | comments(0) | - |-